Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box 用語事典 > 産業用ネットワーク > DINレール、産業用イーサネット、および低・高温グレード機器
ナビゲーション
 
DINレール、産業用イーサネット、および低・高温グレード機器

DINレール、産業用イーサネット、および低・高温グレード機器


お手元のネットワークにイーサネット機器を使用する際には、ラックと標準的なオフィスの室温を用意することが非常に一般的であるものの、産業用として使用するスイッチやメディアコンバータには、また別の仕様が必要となります。


DINレール

DIN レールは、金属製のレールで、通常、電気回路用の筐体の中に設置し、主に産業向け環境で使用されます。これらの機器は、ネジ止め式のものも含めてレールに取り付けられ、ともに配線されます。ここでの配電は大体の場合、12〜48V DCのあいだで、何らかの低電圧DC電源を使用します。ここでの主な課題は、温度要件に合わせることです。電気回路用の筐体は、加熱もしくは冷却されることはあまりありません。温度は、低いときで-40℃、高いときで+75℃になることがあります。標準的なDINレールは、幅35㎜のサイズで、縁が折り曲がっており、国際標準に従っています。電源接続は、ターミナルブロックを使用して行います。産業向け機器やDINレール機器は、AC電源なしで出荷されることが普通です。


産業用イーサネット

必要な産業用イーサネット機器を選ぶ際、使用されているコンポーネントの1つひとつが、お手元の機器の温度のグレードに合った作りになっているか、注意する必要があります。Black Boxは、すべてのタイプの製品を提供しています。いわゆる「リアルタイムイーサネット」の需要に応えるため、管理機能のある機器を選ぶことが必要です。待ち時間を短く維持するよう、正しくイーサネットスイッチを設定することで、ただの言葉であった「リアルタイムイーサネットが」より現実に近づき、イーサネット技術の基礎的な部分を確認しながら可能にしてくれます。


ネットワークの不具合

産業用製品をお買い求めのお客様は、特にネットワークの不具合を心配しています。多くのイーサネットスイッチとコンバータは、ネットワークの持続的な稼働を支援するソリューションを提供します。冗長電源は非常に一般的で、リングと冗長プロトコルは、管理される産業用イーサネット機器にとって非常に重要です。Black Boxの産業用イーサネット製品は、X-Ring、Spanning Tree、Rapid、もしくはMultiple Spanning Treeなど、規格プロトコルを採用しており、他のメーカーの製品にも対応しています。

Share |