Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box 用語事典 > KVM > ストリームモード vs. バースト・プロンプトモード
ナビゲーション
 
ストリームモード vs. バースト・プロンプトモード

ストリームモード vs. バースト・プロンプトモード


ストリームモード

コンピューターとマウスは、適切に動作するよう、お互いに通信する必要があります。ほとんどのコンピューターとマウスは、「ストリームモード」と言われる方法で通信しており、マウスが動くと、新しい位置の座標を、情報の絶え間ないストリームで伝えます。


バーストモードとプロンプトモード

しかし、「バースト」または「プロンプト」モードと言われる方法で通信しているコンピューターもあります。この方法では、マウスはそのデータを中央処理装置(CPU)がリクエスト(または「プロンプト」)を送ってくるまで保持します。


全く適切に機能しないマウス

この通信モードは、多くのKVMスイッチにとって問題となります。スイッチは通常、ストリームモードで座標位置を渡しているからです。この結果、中央処理装置(CPU)は予期しない時にデータを受け取り、マウスが全く適切に動作しません。


すべてのServSwitch™製品は、ストリームモードCPUをサポートしており、いくつかのServSwitch製品は、ストリームおよびバースト・プロンプトモードの両方をサポートしています。お客様の用途に関する要件については、技術サポートにお問い合わせください。

Share |