Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box 用語事典 > マルチメディア > 光ファイバケーブルによるビデオ伝送
ナビゲーション
 
光ファイバケーブルによるビデオ伝送

銅線ケーブルではなく、光ファイバケーブルでビデオを伝送するメリット


優れた性能

ファイバケーブルは非常に高いデータレートに対応し、信号損失は非常に低くなります。そのため、通常の銅線ケーブルを使うよりもはるかに遠く離れた距離でも、鮮明で明るい映像を出力します。


電気的耐性

光ファイバケーブルは電力サージ、電磁妨害、無線塔、落雷など、外部の周波数からは全く影響を受けません。


高いセキュリティ

光ファイバケーブルは光ベースの伝送媒体なので、電子盗聴の被害を防げます。もちろん、光ファイバケーブルに物理的に盗聴器を取り付けてデータを傍受することはできますが、ファイバコアのスプライシング(接合)やその他の妨害は信号レベルを直ちに低下させ、映像品質の劣化として顕著に表れるので、盗聴されていることはすぐに分かります。


取り扱いが簡単

光ファイバケーブルは軽量で柔軟性があり、敷設は同軸ケーブルよりもはるかに簡単です。304m の同軸ケーブルの重さは 36kg なのに対し、同じ長さのファイバケーブルの重さは 2.8kg 未満と、約13分の1の軽さです。


サイズと重量

サイズと重量が少ないため、スペース削減になるというメリットがあります。


もっと詳しく
サービス

デジタルサイネージ

ビデオライブラリ

AV・マルチメディア・デジタルサイネージ




 
Share |