Newsletter
ナビゲーション
 
リモート電源制御

リモート電源制御


簡単に言えば、リモート電源制御とは、装置の設置場所にいなくても、パソコン、LAN/WAN、電気通信、およびその他のコンピュータ機器をリセットまたはリブートできる性能のことです。


だれに必要か

だれがリモート電源制御を必要としているのでしょうか?リモートサイトに到達するネットワークをお持ちの全ての方、特に組織が必要としています。これには支店、無人情報キオスク端末、警報・制御システム、さらに温度調節のHVACシステムをも含めることができます。その他の用途としては、無人遠隔監視局、通信塔の衛星制御装置、携帯タワー、および無線装置が含まれます。.


主要な通信問題を避ける
システム管理者にとって、電源の入れ直しまたはリモートリブートを履行する能力は、主要な通信問題を回避する方法です。機器のロックが起動し、もはや通常の通信コマンドに応答しない場合、通常、システム管理者は、リセットまたは再起動をしなければなりません。

オン/オフの電源の入れ直し後、通常の通信が再開されます。多くの場合、機器のメンテナンスやリセットを行うことができる技術的に訓練された人員は現場にはいません。有人ステーションであっても、間違った機器を再起動するおそれはあります。現場への移動時間の節約とダウンタイムを最小限に抑えるため、リモート電源制御によって、システム管理者は現場に出向かずしてオフィスの状況を処理できます。


ネットワーク機器に絶対必要なもの

リモートサイトがない場合でも、お客様のメインデータセンタにあるサーバー、スイッチ、ルータ、およびその他の空調設備を備えたネットワーク機器には、リモート電源制御が絶対に必要です。お客様自身がお近くにいたとしても、問題が真夜中に発生した場合、本部が非常に遠くにあるように感じるでしょう。


理想的なシステムはアウトオブバンド管理を使用

電力は、TCP/IPネットワークを介して、既存または専用の電話回線のモデム上のRS-232コマンドにより遠隔制御することが可能です。また、通信ソフトウェアを使用して局部的に制御することも可能です。理想的なシステムは、ネットワーク機器と干渉せず通常のダイアルアップ回線を介した代替パスであるアウトオブバンド管理を使用しています。


実効リモート電力制御システムが含むもの
  • FAX、モデム、または電話に使用されているような既存の電話回線。
  • トランスペアレントな運用。システムは通常の通話に干渉を与えたり影響を受けたりしてはいけません。
  • セキュリティ機能。システムはネットワーク機器への不正アクセスを防止しなければいけません。
  • 柔軟性。システム管理者はどこからでも1回のダイヤルインで複数のデバイスを制御できるべきです。
  • UL®およびFCC要件を満たす電力制御装置が装備されています。
Share |