Newsletter
ナビゲーション

 
ワイヤレス通信

ワイヤレス通信


ワイヤレス通信なしで、今日の世界を想像することは難しくなりました。ほとんどの技術は、デジタルデータが無線信号に変換される伝送と、周波数変調に連携しています。2.4GHz、5GHzと60GHz帯の3つの主な周波数スペクトルが一般の使用に開示されています。これらの周波数を使用するのに許可は要らず、ライセンス料の課金もありません。


5GHz

性能が良く信頼性の高いワイヤレスLANシステムを持つために何ができるでしょうか?できれば、5GHz帯を選択しましょう。ほとんどの欧州諸国では屋外用途に、1000mWが5GHz帯で許可されています。それが802.11a規格になります。Black Box ワイヤレス LANキット2と3は5 GHzで動作し、ビル間の屋外ネットワーク接続を構築する理想的なソリューションです。


2.4GHz

ネットワークに、ノートPCや他のユーザデバイスを接続するため、屋内で2.4GHzのシステムが欲しい場合は、どのシステムが既にインストールされているか確認しましょう。うまく利用するためにチャネルを考慮しましょう。チャネル1と6で実行しているシステムがある場合は、自分用に11を選択してください。2台以上のアクセスポイントをセットアップする必要がある場合は、1台をチャネル1で動作させるように、次をチャネル6でというように、同様に設定してください。


アクセスポイントの設置場所

アクセスポイントを設置するために最適な場所を確認しましょう。DECT基地局とアクセスポイントを、よく近い位置に設置するのですが、それは干渉があるためあまり良いことではありません。湖や川で同時に2つの石を投げている状況を考えてみてください。2つの波紋がどう流れていくか予測するのは難しいと思います。この状況が、DECTとワイヤレスLANにも同様に言えます。DECT基地局とワイヤレスLANアクセスポイントは離して設置しましょう。


Black Box ではサイト調査もいたします

もし、設置等でお困りでしたら、Black Box のテクニカルサポートにお電話ください。私たちが現場に向かい、サイト調査を行います。サイト調査でアクセスポイントのベストな設置場所や良好なワイヤレス環境のためにサイトに必要な台数をお答えします。

Share |