Newsletter
ナビゲーション
 
システム検証

システム検証 


システム検証とは、お客様のシステムを文書化し管理することです。常にネットワークを十分にテストし、詳細な文書による記録を維持しなければなりません。


インストール時から開始

システム検証はインストール時より始まります。最も小さいシステムでさえインストールされるにあたり文書化されるため、それらのシステムが修正された場合、以前の記録の入手が可能となります。まずはじめに、ケーブルタイプとネットワークトポロジを記録します。次に、リピータ、ブリッジ、ハブ、およびコンセントレータ等のネットワークハードウェアの位置だけでなく、全ての接続およびエンドポイントの配線地図を作成します。また、ノードの最大数、ケーブルの長さの上限と下限、その他の仕様などネットワークの制限に関する情報も含めなくてはなりません。


確認

良好な接触を確保するため、全メカニカルコネクタの動作を確認してください。また、全てのAC電源ライン、モータ、変圧器、および蛍光灯の位置に注意し、それらの電磁場の周辺にケーブル経路を設定してください。システムをインストールする際に、新しいケーブルの整合性を2度確認してください(1度目はケーブルの全長スプール、2度目はインストール後に各セグメントに沿って確認してください。2度目の確認は、インストール時にケーブルに損傷を与えた可能性のあるストレスについて確認するためのものです)。


時間領域反射率計

立ち上がり時間の速いパルスをケーブルに送り、反射の強度を測定する時間領域反射率計(TDR)テストを用いて、スプールのケーブルを確認してください。最も大きな反射は、未終端処理のケーブルの端を示します。反射があまりに早い場合は、さまざまな欠陥の中でも、圧縮、伸び、腐食、またはシールドの割れ等の異変を示している可能性もあります。TDRテストは特に、すでに所定の場所にあるケーブルについて、欠陥のあるバンパイアタップ、ケーブルタイプの変化、ペアスプリット、およびその他の問題を検出するために有効です。


レガシーケーブル

1991年7月以前に取り付けられた非シールドツイストペア線(UTP)は、EIA/TIA標準の対象ではありませんでした。その性能が不明なため、LAN媒体としてプリインストールされたケーブルの適合性についてテストをするべきです。


さらに詳しく:
シンプルなケーブルテスタから高度なケーブルテスタまで

 
Share |