Newsletter
ナビゲーション
 
絶縁構成

絶縁構成


光ファイバケーブルは、干渉に対する電磁耐性と、より大きな信号セキュリティを備えているだけでなく、過酷な環境での使用に関するストレスから光ファイバのコアを絶縁するよう構成されています。


ファイバケーブルはアクリルプラスチックのコーティングが施されています

コアは、光送信器から光受信器へデータ信号を転送するために用いられる、非常に繊細な導管です。コアの強化、衝撃吸収、およびケーブルの折り曲げに対しては特に保護作用が働くように、ファイバケーブルにはアクリルプラスチックのコーティングが施されています。

そして、温度、折り曲げ、および接合のような外力に起因するストレスのない環境では、光ファイバケーブルは、最小の減衰で光パルスを送信することができます。外力およびその他の条件に起因する減衰が多少あるとしても、コアの絶縁に役立つ2つのケーブル構成法があります。それはルースチューブとタイトバッファリングです。


ルースチューブ構造

ルースチューブ構造では、光ファイバのコアは、プラスチックゲルが充填されているスリーブの中を、文字通り浮遊しています。この保護層に囲まれているため、コアは極端な温度、切断や衝突などの有害な外力から絶縁されています。


タイトコア構造

タイトコア構造では、ファイバコーティングのうえに保護コーティングを直接かけるため、プラスチック押出法を使用します。これにより、ケーブルはさらに大きな破砕力にも耐えることができます。しかしタイトバッファリングの設計は、コアの破損を防ぐためには優れた保護力を発揮するものの、温度変化によるストレスの影響を受けやすいです。またルースチューブケーブルよりも柔軟性があると同時に、タイトバッファリングの設計は鋭い折り曲げやねじれに対する保護が弱くなります。



さらに詳しく: 光ファイバコネクタ

 
Share |