Newsletter
ナビゲーション
 
光ファイバ接続の種類

光ファイバ接続の種類 - フラット、PC、UPC、APCファイバコネクタ


光ファイバ接続のタイプが、光波の伝送品質を決定しますが、技術の発展によって接続は改善しています。


フラットコネクタ

Flat fibre connectorオリジナルのファイバコネクタは、フラットサーフェイス接続、またはフラットコネクタです。合わせたとき、表面の小さな不完全性によって、平坦な2つの表面の間にエアギャップが自然に形成されます。フラットコネクタでの背面反射は約-14dB、およそ4%となります。


PCコネクタ

PC fibre connector最も一般的な接続は、フィジカルコンタクト(PC)コネクタです。PCコネクタでは、2つのファイバはフラットコネクタのように合わさりますが、端面がわずかに湾曲または球状に研磨されています。これにより、エアギャップをなくしファイバを強制的に接触させます。背面反射は約-40dBです。


UPCコネクタ

UPC fibre connectorPCコネクタの改良版が、ウルトラフィジカルコンタクト(UPC)コネクタです。端面は、より良好な表面仕上げのためさらに研磨が加えられています。背面反射は約-55dBまで減少します。これらのコネクタは大抵、デジタル、CATV、および電話システムにおいて使用されます。


APCコネクタ

APC fibre connector最新の技術がアングルドフィジカルコンタクト(APC)コネクタです。端面がさらに湾曲しており、業界標準の角度として8度の傾斜がつけられています。これが、密接な接続を維持し、約-70dBまで背面反射は減少します。これらのコネクタは、CATVやアナログシステムでの使用に好ましいです。



さらに詳しく: ファンアウトキット

 
Share |