Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box 用語事典 > LAN ケーブル > シールドイーサネットケーブル
ナビゲーション
 
シールドイーサネットケーブル

シールドイーサネットケーブル


STPおよびS/STP

ブラックボックスを含むこの業界では、シールドケーブルの2つの基本的なタイプを提供しています。1つ目のタイプは、一般にSTPとして知られている包括的なシールドの付いたケーブルです。2つめは、各ペアを個別にシールドしたうえで、外側に包括的なシールドを施したもので、S/STPと呼ばれています。また1つ目のタイプは、シールド用にフォイルを持つものと、シールド用にブレイドを使用するものに分けられます。さらなる強度を得るために、フォイルシールドの外側にブレイドを持つものもありえます。


STP(およびFTP)

ブレイド付きのものがSTPと呼ばれ、包括的シールドケーブルの総称にもなっているのに対して、包括的フォイル付きケーブルはFTPの名でも知られています。FTPケーブルは、シールドされていない、または性能が大幅に異なっていると誤解されることがあり、これが混乱の原因となります。実際には、FTPとSTPケーブルは性能に明らかな違いはなく、交換が可能です。


S/STP

第2のタイプのケーブルでは、包括的なアウターシールドがあるだけでなく、個々のペアもシールドされています。上記で述べたように、これは、S/STPとして知られています。各ペアのインナーシールドの目的は、ペア間のインナークロストークを低減することです。これはケーブルが、CAT7システムとCAT6Aシステムでは満たすことが困難な、エイリアンクロストークと呼ばれる仕様のパラメータを満すための、補助となっています。CAT5、CAT5e、またはCAT6の規格の特性を満たすことは、明確には要求されていません。また、スパイクを引き起こす電源のような、外部RFノイズに抵抗するため、ケーブルに大きな弾力を与えるということもありません。これは本来、外側の包括的シールドが主に担う部分だからです。これらのケーブルの物理的構成の特徴は、インナーシールドとオーバーオールシールドの両方に、フォイルを用いていることです。上記のSTPグループと同様に、補強のため、またコネクタ周辺のメタルシールドへの接続を簡素化するために、ブレイドが追加されているものもあります。


適切なアース接続

どのようなシールドシステムにおいても、シールドに適切なアース接続を設置しなければならないことに注意しましょう。不適切なアース接続は、接地ループ電流や、イーサネット信号に関連する干渉を生むことになります。適切なアースがないという最悪のケースでは、シールドは、アンテナとして動作してしまうおそれがあります。これにより、ケーブルのなかから、すぐ側に配置されている繊細な電子機器と干渉しあう環境に高周波信号を放出し、イーサネットデータの外部検出を許してしまうおそれがあります。


ドレイン線

シールドケーブルは、シールドと絶縁線とのあいだを、ケーブルの全長にわたって走るワイヤーを備えています。これをドレイン線といいます。通常の例では、一方の端に特定のピンに接続されたシールドを有します。例えば、RS-232 DB25には、シャーシに接続されたピン1があります。コネクタシェルは、電気的にどこにも接続されていません。よって、ピン1にドレインを接続することは、全ケーブルをピン1になりうる箇所でスクリーニングすることになります。電流は流れませんが、ケーブルのスクリーニングは有効です。そのため、一方のドレインの端をカットし、もう一方の端のピン1に単独でドレインを固定します。



さらに詳しく:LSZH(低煙ゼロハロゲン)ケーブルとPVCケーブル

 
Share |