Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box 用語事典 > インタフェース規格 > V.35 - オリジナルのシリアルインタフェース
ナビゲーション
 
V.35 - オリジナルのシリアルインタフェース

V.35 - オリジナルのシリアルインタフェース


V.35は、ITU(元CCITT)規格で、60〜108KHzグループバンド回路を使用して48kbpsでデータ転送します。

基本的にV.35は、デジタル回線上で、DTE(データ端末装置)やDCE(データ通信装置)の間の高いデータレートと接続性をサポートするよう設計された、高速シリアルインタフェースとなっています。


電話回線

V.35は、いくつかの電話回線のバンド幅を組み合わせて、DTEまたはDCE、およびNTU(ネットワーク終端装置)の間の高速インタフェースを提供します。


速度の範囲

通常、48〜64kbpsの範囲のうち、ある特定の速度をサポートするために使用されますが、これ以上の高速域も対応可能です。例えば、V.35ケーブルの最大距離は、理論上、最高610m、速度は64kbpsまで可能です。実際の距離は、お手元の機器とケーブルに依存します。そのような高速度と長い距離を実現するには、V.35に、同じインタフェース上で平衡信号と不平衡信号の両方を組み合わせる必要があります。


さらに詳しく: RS-232 - インタフェースに関する一連の仕様

 
Share |