Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > 最新データ通信用語事典 > インタフェース規格 > DVI - デジタル ビジュアル インタフェース
ナビゲーション
 
DVI - デジタル ビジュアル インタフェース

DVI - デジタル ビジュアル インタフェース


デジタルモニタは、優れた画質と高い転送バンド幅の両方が期待できます。そのため、古いタイプのCRT(ブラウン管)においても、比較的新しいLCD(液晶ディスプレイ)においても、ディスプレイをデジタルにする試みが推し進められました。


DVI の主要3タイプ

デジタルビデオ インタフェイスには、主に3つのタイプがあります。P&D、DFP、DVIです。P&D(プラグアンドディスプレイ、またはEVC)は、これらの最初期の技術であり、デジタルとアナログ両方のRGBコネクタをサポートし、現在では主にプロジェクタに利用されています。DFP (デジタル フラットパネル ポート)は、初のデジタル専用のコネクタとグラフィックカードです。これは徐々に使われなくなってきています。


コネクタのいくつかの種類: DVI-D、DVI-I、DVI-A、DFP、EVCなど

  • DVI-Dは、デジタルビデオソースとモニタの間で使用するデジタル専用のコネクタです。DVI-Dは、アナログ変換をなくしディスプレイを改善しました。片方、もしくは両方のコネクタがDVI-Dの場合に使用することができます。
  • DVI-A(アナログ)は、コンピュータからディスプレイなどのアナログVGA機器へ DVI 信号を送信するために使用します。このケーブルは、片方または両方の接続がDVI-Aの場合に使用できます。片方の接続がDVIで、もう一方がVGA HD15の場合、両コネクタにケーブルかアダプタが必要です。
  • DVI-I(組み込み)はデジタルとアナログ両方のRGB接続をサポートします。デジタルからデジタルへの信号送信、またアナログからアナログへの信号送信のいずれも可能です。メーカーのなかには、別売りのアナログコネクタやデジタルコネクタの代わりに、DVI-I を製品に採用しているところもあります。両方のコネクタがDVI-I の場合、いずれのDVI ケーブルも利用できますが、DVI-I を使用することを推奨します。
  • DFP(デジタル フラット パネル)は、初期のデジタル専用コネクタで、一部のディスプレイで使用されていました。
  • EVC(別称 P&D、プラグアンドプレイ用)は、別の古いコネクタで、デジタルとアナログの接続を処理します。
DVI-D,Single-Link connnector image
DVI-D、シングルリンク
DVI-I,Single-Link connnector image
DVI-I、シングルリンク
DVI-A connnector image
DVI-A
DVI-D, Dual-Link connnector image
DVI-D、デュアルリンク
DVI-I,Dual-Link connnector image
DVI-I、デュアルリンク
DFP connnector image
DFP

TMDS

これらの規格はすべて、トランジションミニマイズド ディファレンシャル シグナリング(TMDS)を元にしています。典型的なシングルラインデジタル信号では、電圧を高く引き上げ、それからデータ伝送するための遷移を作り出すため、低く引き下げます。TMDSは、信号ワイヤのペアを使用してデータ送信に必要な遷移の回数を最低限に抑えます。1本のワイヤが高電圧状態の時、もう1本は低電圧になります。このバランスがデータ送信速度を向上させ、精度を高めます。


さらに詳しく: HDMI

 
Share |