Newsletter
ナビゲーション
 
DisplayPort v1.2

DisplayPort v1.2 - 最も汎用的で革新的なディスプレイインタフェース

DisplayPort V1.2は、オリジナルのDisplayPort規格の拡張で、エンドユーザに多くの新しい利点をもたらします。


利点

  • 以前のDisplayPort v1.1a規格の倍のデータ量を実現しており、3Dステレオディスプレイで、より高い性能を示します。より高度な解像度と色深度、そして最速のリフレッシュレートが実現されています。
  • ただ1つのDisplayPort コネクタから、デスクトップやノートパソコンから複数のモニタをサポートできます。
  • パソコンとディスプレイ間でUSBデータ送信が可能で、ウェブカメラやUSBハブなどのディスプレイUSB機能をサポートします 。


DVI and HDMI comparison chart


後方互換性

DisplayPort v1.2は既存のDisplayPort v1.1aシステムと後方互換性があり、これには既存のケーブルとMini DisplayPort コネクタも含みます。DisplayPort v1.2は、最高データ送信速度を10.8Gbpsから21.6Gbpsへと倍に増やし、ディスプレイ解像度、色深度、リフレッシュレートもめざましく改善して、複数のディスプレイに対応できるなど、性能が大幅に向上しています。


マルチストリーミングをサポート

DisplayPort v1.2は、マルチストリーミングをサポートしています。つまり、複数の独立した非圧縮ディスプレイやオーディオストリームを1本のケーブルで送信することが可能で、保護されたコンテンツや3Dゲームなどの高性能アプリケーションをサポートします。これにより、ケーブルをデイジーチェイン、またはハブ構成で接続した複数のモニターの使用が可能になります。現在の Display v1.1a 規格が60Hzで解像度2560x1600のモニター1台をサポートできるのに対し、DisplayPort v1.2は、同じようなモニター2台を1本のケーブルでサポートできます。また1920x1200 モニタを4台サポートすることもできます。複数のビデオソース、複数のディスプレイ(異なる解像度も可)、そして複数のオーディオスピーカなど、その他の組み合わせも可能です。


USBとイーサネットのサポート

その他の機能として、高速双方向データ送信をサポートしているので、USB2.0またはイーサネットのデータを標準的なDisplayPortケーブルで送信することができます。DisplayPort v1.2では、このAUXチャンネルの最高データ速度が1Mbps(毎秒メガビット)から720Mbpsに向上し、USB2.0に適したバンド幅を提供します。DisplayPort ケーブルは、ビデオや音声情報を送信できるだけでなく、Display USB機能をサポートして、ディスプレイへ(から)のUSBデータをサポートできます。標準的なイーサネットもDisplayPort ケーブルで送信することができます。


オーディオのサポート

DisplayPort v1.2では、オーディオ関連で、以下のような新しい改善が加わえられています:

  • オーディオの複製保護とカテゴリーコード
  • Dolby MAT、DTS HD、すべてのBlu-Ray形式、および中国のDRA規格などの、ハイディフィニションオーディオ形式
  • オーディオとビデオ、複数のオーディオチャンネル、およびグローバルタイムコード(GTC)を使用した複数のオーディオシンク機器間の同期を支援


DisplayPort v1.2 はフルHD 3Dステレオスコピックディスプレイのサポート機能も向上

  • フルHDで最高240フレーム毎秒というキャパシティを活かし、120フレーム毎秒の、誰の目にも生きているかのようなリアルな動きを実現します。
  • 3Dステレオ送信形式はフィールドシーケンシャル、サイド バイ サイド、ピクセルインタリーブド、デュアル インタフェース、スタックドをサポートしています。
  • 3Dステレオディスプレイ能力は、モノ、ステレオ、3Dメガネがあります。


さらに詳しく: G703-すべての遠距離通信ネットワークの基礎

 
Share |