Newsletter
ナビゲーション
 
周辺機器とUSBの接続

周辺機器とUSBの接続


ホットスワップ可能
USB接続はホットスワップが可能なため、周辺機器の取り付けや取り外しの際に、コンピュータを終了する必要がありません。

異なるコネクタ
標準的なUSBケーブルは、2つの異なる種類のコネクタを持っています。USBタイプAコネクタはパソコンなどのホスト機器に接続します。USBタイプBコネクタは周辺機器に接続します。コネクタが2種類あるのは、偶発的なループを回避するためです。

Connecting peripherals with USBUSBハブ
ご使用のコンピュータにあるUSBコネクタの数より多いUSB機器を追加するためには、USBハブと呼ばれる機器が必要となります。ハブは、周辺機器に追加のコネクタを提供します。一部のUSB機器(特にキーボード)には内蔵ハブがあるため、他のUSB機器(マウスなど)をこれに接続することができます。

ティア
より多くのコネクタを得るため、1つのハブをもう1つ別のハブに接続することもできます。ハブとケーブルからなる新しい各レイヤーはティアと呼ばれます。USBは、最大5つのティアに最大127台の機器を接続できます。これを上回るハブについては、接続した周辺機器に十分な電力を供給するため、外部電源が必要となります。

周辺機器の距離
ハブは、パソコンと周辺機器のあいだに距離を設けることもできます。各USB セグメントは最高5m(16.4フィート)までサポートします。USBは最大5ティアまでサポートするため、もっとも遠いところでパソコンから25m(82フィート)まで周辺機器を設置できます。

さらに詳しく: USB

 
Share |