Newsletter
ホーム > ソリューション > 産業別 > 放送・映像・音響 > ディレクション、スタジオ、放送オペレーション、コントロール
ナビゲーション
 

放送・映像・音響

ディレクション、スタジオ、
放送オペレーション、コントロール

Direction, studios, broadcast operation and control

スタジオ内や、放送オペレーション、コントロールにおけるKVMシステム

    Free 30 Minute Consultation
  • KVMテクノロジにより、ユーザとコンピュータ機器を物理的に分離します。
  • KVM延長/切替により、ディレクタや出演者に静かな作業環境を提供し、雑音や熱を排除します。
  • ユーザは、接続上の問題もなく、バックラックされたサーバへのリアルタイムアクセスが可能です。
  • Black Box のKVMアプリケーションはSDIビデオ、スタジオ内のタッチスクリーン、キーボードやその他の入力デバイスを使用することができます。

KVMソリューションは放送制御室やスタジオ向けに、どのように設計されているでしょう?

KVMエクステンダが中央機器室からエンドユーザに信号を伝送します。KVMエクステンダのトランスミッタがコンピュータからの信号(ビデオ、USB、オーディオ、シリアル等)を暗号化し、光ファイバやCATxケーブルといった伝送媒体で放送コントロールルームやスタジオのKVMエクステンダのレシーバへ伝送します。レシーバには、必要に応じてすべての機器(マウス、キーボード、モニタ、オーディオスピーカ、USB機器等)を接続するためのポートを備えています。これらはKVM切替システムで簡単に組み合わせることができ、費用対効果が高く、高性能な切替システムを実現します。

 

放送コントロールルームやスタジオ向けの、KVMを用いた最適なプロセスとは?

既設ネットワークの活用でビデオ信号を周辺機器の信号(マウス、キーボード等)と同時に伝送します。さらに、USBインタフェースを利用すれば簡単に統合できます。また、コンピュータを適切な温度管理下に配置することで、ダウンタイムも大幅に短縮します。

切替は瞬時に行われ、ユーザはホットキーコマンドを使用して一元的、または直接制御することができます。Black Box のKVMシステムは、外部制御機器と簡単に組み合わせて、放送信号と完全に接続するITシステムを提供することができます。



放送コントロール・スタジオ向けKVMソリューション

放送・メディア制作の顧客

  • ProSieben SAT1
  • RTL Television
  • ZDF
  • Medienakademie Stuttgart
  • Bayerrischer Rundfunk
  • Burda
  • Deutsche Welle
  • Fraunhofer IIS
  • RTL Belgium
  • VRT
  • SVT
  • C More
  • Südwestrundfunk
  • Deutschland Radio
  • Fernsehwerft Berlin
  • Mitteldeutscher Rundfunk
  • N24
  • RT.1
  • Studio Mitte Berlin
  • Westdeutscher Rundfunk
  • RTBF
  • Broadcasting Center Europe
  • TV4
Share |