Newsletter
ホーム > ソリューション > 産業別 > データセンタ > 冷却・監視 ソリューション
ナビゲーション
 

冷却・監視
ソリューション

Cooling and monitoring solutions
環境監視システム

環境監視ソリューション

環境監視ソリューションにより、データセンタの温度、湿気、煙、水、エアフロー、アクセス制御を監視することができます。また、統計データを提供することによる状況表示もできます。このシステムにより、カメラが、アクセスが発生したときにフォト・スタンピング(日付込み)できるようになります。このように、このシステムは事業環境の完璧な管理に必要なあらゆるツールを提供します。

環境監視ソリューションは、暖気・換気・空調(HVAC)、アクセス制御、バックアップジェネレータ、パワーなどの既存のシステムの監視にも活用することができます。またこのシステムは、Linuxテクノロジーに基づいた独立プラットフォームであり、追加ソフトウェアが一切不要で、レポーティング用にSNMPをフルサポートします。

ブラックボックスのAlertworks(ServSensor)製品ラインナップは、ニーズや環境に対応するEMSソリューションを提供します

>>Alertworks(ServSensor)についての詳細.

>>ブラックボックスのAlertworks(ServSensor)全製品

>> ブラックボックスのオンラインAlertworks(ServSensor)バイヤーズガイドで適切なEMSソリューションを選択.



冷却ソリューション

外気の冷却には膨大なエネルギーが使われるため、気密ソリューションに切り替えることにより大幅なコスト削減ができます。フリーエアクーリングやインテリジェントビジネスモニタリングシステム(BMS)などのテクノロジーと組み合わせれば、1年のうちおよそ10カ月の間、冷却システムをコストゼロで稼働させることも可能です。

気密冷却システムによるコスト節約

境界冷却や非管理PDUによるベーシックな電気供給など、コンピュータ室空調(CRAC)の従来の方法を活用しているデータセンタでは、総所有コスト(TCO)が高く、インフラ効率(DCIE)が低い、という結果になる傾向があります。しかし、インテリジェント設計によりこれを改善することができます。

通常これらのデータセンタは14°C前後の室温で稼働しています。これは長期稼働には不向きなものの、サーバは確かに冷却された環境下に保たれます。コンピュータ室空調(CRAC)に障害が発生すれば、室温は途端に上昇し、サーバは数時間で、あるいはときとして数分で、オーバヒートして障害発生に至ります。/p>

データセンタ内は22°C程度なので、通常、気密ソリューションを活用することにより、この室温を下げてさらに快適にすることができます。また、コンピュータ室空調(CRAC)に障害が発生しても、室温の急上昇は起こりません。これにより重要なサーバをコントロールしながらシャットダウンでき、CRACのバックアップに対応する時間も十分に確保できます。

気密冷却システムの稼働方法

    気密暖気通路システム-キャビネット上部の暖気排除

    気密暖気通路は、暖気をキャビネット上部から排除し、顕熱として建物内のどこかで利用、または建物外に排出する方式です。いずれにしても、コンピュータ室空調(CRAC)機器に障害が発生した場合の室温上昇は非常に緩やかです。気密暖気通路のもう1つのメリットは、既存データセンタへの設置が非常に容易だということです。

    気密冷気通路システム-屋外の新鮮な空気を取り込む

    ふつう、屋外の気温は屋内に比べて低いことが多いので、フリー冷却システムで外気を取り入れ、データセンタを冷却することが可能です。この方法だと、長期間にわたってコスト0円での稼働が可能です。外気が22℃以上の場合にのみ、冷却システムの稼働が必要になります。

気密通路システムは、供用前にブラックボックスが現場を訪問して調査を行い、御社のニーズについて打ち合わせ、目標を理解します。そこから要件を満たすデータセンタを設計していきます。


Cold Aisle Containment Systems

Cold Aisle Containment Systems utilise chillers and / or free air cooling systems to bring cold air to the front of the cabinet door via an under floor ducting system. Ideally suited to green field sites, these containment systems dramatically reduce the cost of cooling the data centre. Typically, the cabinets are arranged into aisles, and are positioned with the front doors of the cabinets facing each other. A roof is placed over the top of the aisle and doors are added to each end to trap the cold air but still provide access. The cool air is forced under the floor and brought up through vented tiles into the aisle, where the perforated steel doors of the cabinets allow the air to be drawn into the front. The active equipment within the cabinet will draw the cool air in and across its component boards, and the resultant hot air is expelled out through the rear of the cabinet into the data centre. Since the ambient air within the data centre is not the air being used to cool the cabinets, it doesn’t matter that the temperature is much higher. The result is a cost effective way to cool the equipment only, rather than waste vast amounts of energy cooling the entire data centre room.

 

Hot Aisle Containment Systems

Providing the perfect containment solution for existing data centres, hot aisle containment can easily be installed in existing data centers, since the required access is above the cabinet. By placing aisles of cabinets back to back with a gap of approximately 1.5 metres, it is possible to place a door at each end and a roof over the top to capture all the hot air expelled from the rear of the cabinets. This air is extracted from the containment room and either pumped outside, or elsewhere to provide Sensible Heat to other parts of the building such as the offices. No under floor ducting is required, allowing for easy access and minimal disruption during installation. The ambient temperature within the data centre becomes a comfortable temperature at around 22°C or so, which also provides a very useful bi-product – if the hot air extraction should fail, the temperature will increase very slowly, since the ambient room temperature is cool enough to keep components functioning correctly. This provides an extra level of resiliency to the data centre and allows ample time to respond to the failure.



Enviromental Monitoring solutions for Data Centers

Share |