Newsletter
ナビゲーション
 
ドットピッチ

ドットピッチ


距離測定

ドットピッチ(ピクセルピッチ)は、ディスプレイ上の同じ色のピクセル(赤か緑か青)間の距離を測定したものです。ただし LED スクリーンの場合は、1 つのピクセルを構成する LED の各クラスタ間の距離です。mm 単位で測定され、通常、数値が低いほど表示がシャープになります。LED スクリーンのドットピッチは約 5mm から 約 30mm の範囲で、用途によってピッチを決定します。例えば、スタジアムのスクリーンは近くで見ないのでドットピッチが大きくなり、空港の電子案内板は近くで見るためドットピッチが小さくなります。


“バーチャル(仮想)ドットピッチ”

LED スクリーンには、ピクセル間で LED を共有する“バーチャル(仮想)ドットピッチ”と呼ばれる方法で、ピクセル間のギャップを小さくし、画像をより明瞭にできるものもあります。非常に大きなスクリーンを近くで見るとき、ドットピッチは LED スクリーンの重要な要素になります。小さい LCD やプラズマタイプのスクリーンを近くで見るとき、特に文字を表示しているようなときは、ドットピッチがさらに重要です。

Share |