Newsletter
ナビゲーション
 
Firewire ケーブル

Firewire ケーブル


IEEE 1394標準は、高速で拡張性のある低コストのデジタルインタフェースです。これは、Apple®Computerによって発案され、IEEE 1394標準団体によって開発されました。この標準の製品は、他の企業がIEEE 1394標準の製品 を言い表すのにI-linkやLynxといったような別の名前を使用しているにもかかわらず、一般的にはアップルの商標登録名FireWire™(ファイヤーワイヤー)で呼ばれます。FireWireは、コンシューマエレクトロニクスの世界とパーソナルコンピュータの統合を約束します。

FireWireは、オールデジタルインタフェースであるため、データ送信向けにデジタルデータをアナログに変換する必要はありません。このことが、おそらくFireWireの最も重要な用途の1つにつながります。それは家電およびAV周辺機器用のデジタルインタフェースとしての用途です。FireWireは、ピアツーピアのインタフェースであるため、コンピュータなしで1つのデバイス(例えばデジタルビデオカメラ)から別のデバイスへデータをダビングすることができます。また、周辺機器やコンピュータ内の特別なサポートなしで、複数のコンピュータで所定の周辺機器を共有することができます。

FireWireは、100 Mbps、200 Mbps、および400 Mbpsのデータ転送速度をサポートし、デバイス間の最長ケーブル距離4.5メートルで、63台までのデバイスをサポートします。チェーン内の最大ホップ数は、エンドツーエンド距離の最大総延長72メートルで、16となっています。IEEE 1394標準は、デイジーチェーンとブランチまたはピアツーピアの実装をサポートします。接続形式は自由で、ミキシングブランチやデイジーチェーンも可能です。

高速ということに加えて、FireWireはラグやスローダウンなしで保証されたデータ速度を提供し、アシンクロナスやデータ配信同様にアイソクロナスをサポートしています。この規格は、タイムクリティカルデータが保証された配信をサポートしているため、アプリケーションにおいて、より小さなバッファが使用でき、コストを抑えられます。

これは、リアルタイムでのデータ転送を要求するデジタルオーディオやデジタルビデオのような用途に最適です。新しく、高品質で、低コストのDVDレコーダと組み合わせた、FireWireのインタフェースによって、マッキントッシュユーザーは放送と同じ品質のビデオをキャプチャすることができます。

FireWireケーブルは、かさばり、高価だったSCSIケーブルを大幅に改善したもので、軽量でフレキシブルで、かつ安価なケーブルとなっています。そして、多くの古いインタフェースとは異なり、デバイスID、ジャンパー、DIPスイッチ、スクリュー、ラッチ、またはターミネータを必要としません。

FireWireコネクタには、6ピンと4ピンの2つのタイプがあります。通常、コンピュータ上で見られる6ピンコネクタは、外部機器に電力を供給するため、2対の信号用ワイヤと1対のワイヤを備えています。多くのFireWireのコンピュータ周辺機器は、インタフェースから直接電力を取っています。

6ピンのFireWireコネクタを使用するコンピュータの周辺機器は、一般に、少なくとも2つ、たいていの場合は3つのデイジーチェーン用FireWireコネクタを備えています。


4線式のFireWireコネクタは、通常、カムコーダ(ビデオカメラ)、VCR、ビデオゲームシステムなどの家庭用電化製品に見られます。これは、4本の信号線からなっており、電源線はありません。4ピンのFireWire接続を使用するデバイスは、一般的にコネクタを1つしか備えておらず、デイジーチェーン接続はできません。このようなカムコーダ(ビデオカメラ)などのデバイスを、お手元のパソコンと使用する際は、インタフェースを変換するため6ピン‐4ピンケーブルが必要となります。



Share |