Newsletter
ナビゲーション
 
ドライ接点

ドライ接点


何をするためのもの?

無電圧接点とも呼ばれるドライ接点は、電圧を供給しないリレー接点です。リレーはその入力に変更が生じた場合に、電圧を加え、また電源を切ります。言い換えれば、ドライ接点は、入力スイッチが開いているか閉じているかを単に検出します。


無限に適応可能

ServSensorコンタクトのドライ接点は、他社製のセンサーやデバイスに簡単に適合させることができるシンプルな2線式インタフェースを提供します。お客様自身で解放条件や閉鎖条件の意味を定義できるため、ドライ接点は無限に適応可能となります。


適用する場所

火災警報器、防犯アラーム、およびUPSなどの電源システムにあるようなアラームを監視するために、ドライ接点をご利用ください。ドライ接点のもっとも一般的な用途しては、キャビネットのドアが開いているか閉じているかを検出するのに用います。

Share |