Newsletter
ナビゲーション
 
PAMモード
G.SHDSLデバイスは、ライン構成にPAMとBASE RATEの2つのパラメータを使用します。G.SHDSL EconomyモデムとEtherLink IIモデムは2つのPAMモード(16および32)を把握するのみですが、一方EtherLink IVは4~128までのPAMモードで動作します。PAMモードは直接伝送速度に影響を与えるわけではありませんが、非常に重要です。速度は、直接ベースレート数から計算され、PAMモードに応じ、特定のベースレートのみが可能となります。

PAMモーダス G.SHDSL.Economy Etherlink II Etherlink IV
4 - - 2-39
8 - - 3-79
16 3-60 3-60 4-119
32 12-89 12-89 4-159
64 - - 2-199
128 - - 4-238

伝送速度は、64とベースレート数をかけて算出されます。結果はkbit/sで表します。したがって、PAM128でベースレート238の場合、EtherLink IVは、15,232 kbit/sとなります。PAM 32でベースレート89の場合、EtherLink IIはそれでも5,696 kbit/sを実現します。伝送に8kbのオーバーヘッドを追加することにより、ノミナル値を取得できます。
デバイスにより、最高速度は、理想的な回線条件(長さ、太さ、断熱、干渉、接続)下でしか達成できません。しかしながら低速であれば達成が可能です。一般的にベースレートは低減します。条件の悪い回線では、異なるPAMモードが、回線パフォーマンスを向上させる場合があります。
心の中で、AからBへ向かう列車と、PAMとベースレートのあいだの関係を比較することができます。最短時間でできるだけ多くの人を運搬したいとします。PAMモードは、種類、基本料金、客車数を決定します。客車の種類に応じて、特定数の客車が割り当てられます。回線の状態は、客車の種類の選択肢をさらに減らします。
EtherLink IVの利点は、広範囲の客車タイプから選択することができる点です。小さなPAMモードが良好でない回線状態に適した客車を表します。これらは異なるバンド幅を占有し、故障や干渉に対して非常に強い耐性があります。
一例として、複数の接続、それに多数のクロストークや干渉があり、距離10キロメートルに及ぶDSL回線を想像してみてください。EtherLink IIでは、1.5 Mbit/sの速度にはPAM16で、20~25の小さいベースレートを選択する必要があるでしょう。 EtherLink IVでは、20%〜25%速く、良質で安定した伝送のため、小さいPAMモードを選択することができます。25~30のベースレートのPAM4は、すでにほぼ2Mbit/sに達しています。使用回線により、フィールドの値は事例中のものと異なります。
Share |