Newsletter
ナビゲーション
 
ターミナルサーバー
ターミナルサーバー(シリアルサーバー、コンソールサーバー、デバイスサーバーとも呼ばれる)は、ネットワーク経由でシリアルデバイスへの接続を可能にするハードウェアデバイスです。

本来VAX™などの大型メインフレームシステムへのダム端末の長距離接続に使用されていたため、ターミナルサーバーという名前になりました。今日、ターミナルサーバーという名前は、あらゆるシリアルデバイスをネットワークへ接続するデバイスを指し、通常、イーサネットを指します。すぐにネットワーク接続可能なデバイスのあるこの時代に、ターミナルサーバーは、以前ほど普及してはいませんが、いまだ頻繁にPLCのリモート接続、センサー、または現金自動預け払い機などの用途に使用されています。

ターミナルサーバーの主な利点は、独立したRS-232デバイスの実装コストを節約する点です。ネットワークを使用することで、お手元のネットワークが延伸できるかぎり、どのような長距離上であっても、シリアルデバイスを接続することができます。インターネット経由でシリアルデバイスを接続することもできます。ターミナルサーバーは、ネットワークにリモートシリアルデバイスを接続し、そしてネットワーク上のどこかにある別のターミナルサーバーは、他のシリアルデバイスに接続します。

ターミナルサーバーは、シリアルデータへの適切なコネクタを提供し、イーサネットTCP/IPパケットの双方向のシリアルデータをグループ化することにより、仮想シリアルポートとして機能します。この変換ではソフトウェアを変更することなく、イーサネット全体にシリアルデバイスを接続することができます。

ターミナルサーバーはネットワーク経由でデータを送信するため、セキュリティが考慮すべき事項となります。お手元のネットワークが孤立している場合は、セキュリティ機能をほんの少し持っているか、または全く持っていない、安価なターミナルサーバーでもどうにかやっていくことができます。しかし、インターネットのサブネットでもあるネットワークを介して、ネットワーク接続を行うためにターミナルサーバーを使用している場合、豊富なセキュリティ機能を提供するターミナルサーバーを探さなければなりません。
 
Share |