Newsletter
ナビゲーション
 
CAT6とCAT6A

CAT6とCAT6A


CAT6

ケーブル階層の、CAT5eに続く次のレベルは、2002年6月にTIA/EIAにより承認されたCAT6(ANSI/TIA/EIA-568-B.2-1)です。CAT6は、CAT5eより高いパフォーマンスを実現し、クロストークやシステムノイズについてはさらに厳しい仕様を備えています。


データ伝送の品質は、チャネルの全てのコンポーネントの性能によって決まります。よって、CAT6の仕様に応じてデータ送信するには、ジャック、パッチケーブル、パッチパネル、クロスコネクト、およびケーブルのすべてがCAT6仕様を満たしている必要があります。(チャネルは、ウォールプレートからワイヤリングクローゼットまでの全てを含みます。) CAT6の各コンポーネントは、個別にテストしたうえで、パフォーマンスを確かめるために同時にテストを行うこともあります。加えて、CAT6標準では一般的なシステム性能が要件であるため、製造者に関わらず、どのCAT6コンポーネントもチャネルで使用できるようになっています。

CAT6チャネル伝送要件は、200MHzで0以上、または同等の電力和減衰対遠端漏話比(PS-ACR)を実現しなければいけません。


さらに、すべてのCAT6コンポーネントが、CAT5e、CAT5、CAT3と下位互換性をもつ必要があります。CAT6コンポーネントと共に、異なるカテゴリのコンポーネントを使用する場合、チャネルはより低いカテゴリの伝送性能を実行します。例えば、CAT6ケーブルをCAT5eのジャックと使用する場合、チャネルはCAT5eのレベルで実行されます。


CAT6A:オーグメンテッドCAT6

CAT6Aは、銅線標準における10ギガビットイーサネット(10GbE)です。その要件は、2009年8月に発表されたANSI/TIA-568-C.2(バランスツイストペア通信ケーブル接続とコンポーネントの標準)に述べられています。CAT6A標準は、CAT6aのLANケーブル配線による100mの4コネクタツイストペアLANケーブルで、10ギガビットのデータ伝送を定義しています。これにより、システムが、クラスEのオーグメンテッドケーブルの使用を規定しているIEEE 802.3anと、10GBASE-TのためのIEEE標準をサポートすることが保証されています。


CAT6Aは、250MHzから500MHzまで電気仕様を拡張しています。また500MHzでは、パワーサムエイリアンクロストーク(PS-ANEXT)を備えています。エイリアンクロストーク(ANEXT)は、隣接するケーブル内の信号から生じた不安定なペアを結合した信号です。

エイリアンクロストーク(ANEXT)の問題を解消するためには、CAT6A F/UTPケーブルを使用します。Fは、PS-ANEXTを排除するアウターフォイルシールドを示しています。CAT6Aは信号を放出しないため、セキュリティが課題となっている場合に良い選択です。また、CAT6A F/UTPケーブルは、EMIが多いノイズのある環境においても適切に動作します。



詳細について: エイリアンクロストーク10ギガビットイーサネット

さらに詳しく: CAT7/ClassF

 
Share |