Newsletter
ナビゲーション
 
KVMoIP アクセス技術

KVMoIP アクセス技術


IP上の KVM

KVMoIP アクセス技術は、キーボード、ビデオ、マウス (KVM) 信号を、LAN、WAN、インターネット接続を介する TCP/IP上のコンピュータやサーバから拡張します。この IP上の KVM (KVMoIP)接続を通じて、リモートユーザーはどこからでも、組織の内外、また世界のどこにいても、複数のサーバに同時にアクセスして制御することができます。この技術は、多様なハードウェア環境でも動作して、マルチロケーションデータセンタや支店オフィスの管理に理想的です。


真のコスト節減

これらの機能は、多くのオフィスにサーバを拡散する必要のある企業にとって真のコスト削減になります。特に、不可欠なサーバを年中無休で稼働させ、かつリアルタイムでアクセスできなければならない企業や政府機関にとって、大きなコスト節減となります。


KVM スイッチ技術の利点を備えたリモートアクセスソフトウェア

KVMoIP は、リモートアクセスの長所と KVM スイッチ技術の利点を組み合わせた製品です。多くの KVM スイッチ同様、KVMoIP 製品は、ホストコンピュータにどのようなソフトウェアも読み込む必要がありません。これらは直接、ホストコンピュータや KVM スイッチの、キーボード、モニター、マウスコネクタと、インタフェースを介して接続します。KVMoIP 機器内部の回路構成は、入力されるビデオ信号をデジタル化し、LAN/WAN、公のインターネット上のリモートクライアントコンピュータで実行されている閲覧プログラムへ送る、デジタルデータに処理します。


部屋を占領するサーバをリモートで再起動もしくは管理

遠隔地からネットワークの問題に対処することで、デスク上で問題を管理することができ、また夜中に現場へ行く手間を省くことができます。ブラウザベースの接続を携帯電話や PDA から利用して、部屋を占領するサーバをリモートで再起動、もしくは管理しましょう。これは非常に便利です。


バーチャルメディア技術を特徴とする KVMoIP 製品

バーチャルメディア技術を特徴とする KVMoIP 製品は、その利便性をさらに向上させました。リモートユーザは無理なく、自分の場所から、作業をしているコンピュータへ、例えば USB フラッシュドライブや CD-ROM ドライブなどのマスストレージ機器から、ファイルを移動することができます。コスト削減は、ダウンタイムの短縮と移動が減ることで実現できます。加えて、場合によっては、既存の KVM スイッチを KVMoIP サーバ制御ソリューションを得るための専用の製品に交換する必要もありません。


Black Box の特色


BIOS レベル制御

Black Box® ServSwitch™ KVMoIP ソリューションは、市場に出回る、他の多くの KVMoIP 製品よりも先を行っています。リモートサーバにアクセスが可能になるだけでなく、これを BIOS レベルで実現します。このことは、現場の外に留まって、技術者を現場に送らずに問題を解決する必要がある場合に重要です。ソフトウェアアプリケーションのインストールと復元、OS パッチのインストールを、世界のどこにいても、ご自分の居場所から行うことができます。加えて、この BIO Sレベルの制御は、サーバのブランドやモデルが異なっても関係なく、オペレーティングシステムがダウンしても動作します。


世界規模での集約を実現した KVM 管理

ServReach システムはまた、あちらこちらに散在するサーバと複雑な世界のなかで、KVM 管理の世界規模における集約を求める ITマネージャのために設計されています。このグローバルプラットフォームは、すべてのサーバと機器へのアクセスを、ローカルで接続した KVMoIP 機器を介して統合することで動作します。すべてのこのハードウェアは、単一の管理機器やソフトウェアの下で統一され、グローバルでありながら完全に安全なアウトオブバンド制御を提供します。


より迅速でより大きな ROI を確保

ServReach システムは、多種多様なベンダーならびにメーカーの500を超えるアナログバージョンの KVM スイッチと、シームレスに動作します。ベンダーから独立しているので、お手元のデータセンタの KVM インフラ全体を置き換える必要はありません。ServReach は、既に設置されている他社製の KVM スイッチに合わせて、既存のサーバ室やデータセンタに、世界規模で集約した KVM 管理を融合します。古い KVM 機器それぞれと接続するように設計された IP ゲートウェイ機器 ServReach KVMGate が、競合するシステムのコストと比較してわずかな費用で、世界規模で集約した KVM 管理を実現し、より迅速で、より大きな ROI を確保します。


ServReach KVManager

新規のデータセンタの開設や、沢山の新規サーバの導入を計画しているのなら、ServReach KVManager がその答えです。これならコンパクトで、ラックに取り付け可能なデジタルマトリックス IP 機器 ServReach KVMCube を介したどのような組み合わせのアクセスも可能で、完全にセキュアなノンブロッキングアクセスを、どのようなユーザにも、どのようなサーバへも、同時に提供できます。


古いものに新しいインフラを取り込む手段

加えて、古い KVM スイッチで KVMGate を介して制御されているサーバは、新しいサーバがゲートウェイを通じて制御される一方で、引き続きServReach KVManager によって管理を続けることができます。すべてのサーバは同じ KVManager 傘下にあるので、新しいインフラを古いものにどう組み込むか心配する必要なく、データセンタに簡単に新しいサーバや機器を取り入れることができます。

 
Share |