Newsletter
ナビゲーション
 

KVM スイッチ vs ハードウェアの仮想化

Black Box Explains

KVM スイッチとリモートデスクトップ ソフトウェアソリューション

リモートサーバを運営する際、大抵物理的な KVM スイッチとエクステンダか、ソフトウェアベースのリモートデスクトップソリューションを選択する必要があります。これはコンピュータ資産にアクセスし管理するためです。リモートデスクトップ ソフトウェアはコスト面でメリットがありますが、高性能なソリューションとしては信頼性や安全性の面で不十分です。常に稼働させていなければならないサービスや、数百・数千台のサーバを持つ組織では、物理的な KVM エクステンダやスイッチはさらによい選択になります。

リモート デスクトップ ソフトウェア ソリューション

リモート デスクトップ ソフトウェア ソリューションは、リモートでコンピュータへのアクセスができるように設計されています。リモート デスクトップ プロトコル(RDP)と仮想ネットワーク コンピューティング(VNC)は、人気のあるソリューションです。取得コスト、インストールするハードウェア、接続するケーブルや電源が不要であることがメリットとしてあげられますが、デメリットもあります。

リモート デスクトップ ソフトウェアは、アクセスが必要となる各コンピュータにインストールしなければなりません。互換性のあるオペレーティング システムと運用ネットワークが欠かせませんが、システムリソースと競合し、生産性に影響を与える可能性があります。さらに、リモート デスクトップ ソフトウェアには BIOS レベルのアクセスができません。サーバのオペレーティング システムかネットワークがダウンしている場合は、リモートでトラブルシューティングや起動させることができません。その他に、圧縮によるビデオ品質の劣化、性能の衰え、低速スイッチング、複数コンピュータへの対応不可、冗長性の欠如などもあります。

リモート デスクトップ ソフトウェア ソリューションの最大の弱点はセキュリティです。ソフトウェア認証方法では、ハッキングは防げません。システム内のどこにいても、ネットワーク全体とすべてのデータにアクセスすることができます。

KVM エクステンダ

物理的な KVM エクステンダの潜在的なデメリットである初期の設備コストは、効率、信頼性、セキュリティ面ですぐに相殺されます。

KVM スイッチと組み合わせた KVM エクステンダは、最大数百台のサーバに対応し、集中型ネットワーク管理ソリューションを通じて設定可能です。リモート デスクトップ ソフトウェアと比較して構成と管理が簡素化されており、時間と費用の節約に繋がります。KVM スイッチとエクステンダは、どのオペレーティング システムとも互換性があり、HD 放送、グラフィックスソフトウェア、CAD、プロセス制御など広帯域を必要とする用途に適しています。KVM スイッチとエクステンダはソフトウェアやドライバの追加が不要なので、アプリケーション間の競争によりリソースや生産性が低下することはありません。KVM over IP 技術は BIOS レベルのアクセスも可能なため、リモートで起動してトラブルシューティングを行えます。Black Box の InvisaPC の場合、物理的な PC 接続と同じデスクトップ感覚で、仮想サーバを管理することもできます。

KVM エクステンダやスイッチを使用すると、速度、ビデオ品質、複数の画面の制御という面でも性能が向上します。セキュリティの観点から、KVM ソリューションは運用ネットワークを使用せず、コンピュータのオペレーティングシステムとは独立して動作します。最新の KVM over IP ソリューションであっても “アウトオブバンド(OOB)” で動作するので、潜在的なセキュリティ侵害のリスクは最小限に抑えられます。さらに、サーバ / PC とユーザステーション間の通信は、セキュリティを強化するために暗号化されています。

ネットワークに安全にアクセスして、監視し、性能を維持する能力は、非常に重要です。ソフトウェアをもとにしたリモート デスクトップ ソリューションではコスト削減が可能ですが、物理的な KVM 装置のメリットによってすぐに相殺されます。

Connecting a HDCP source to multiple displays

KVM エクステンダとスイッチの主なメリット

  • 帯域を独占せずに “ネットワークの末端” でサーバを管理
    リアルタイムな使い方で、物理 CPU や仮想 CPU へリモートアクセスするのに、KVM over IP エクステンダとスイッチは完璧な選択肢です。可能な限り広いネットワーク帯域幅を使用することで、最適なデータ品質が確保できますが、一般的な送信機は使用可能な最大帯域幅よりもかなり狭い帯域幅を使用します。1 日 24 時間、1 年 365 日の稼働とリアルタイムアクセスが必要なサーバやユーザに、特に便利です。
  • リモート ネットワーク アクセスとトラブル シューティング
    離れた場所からネットワークの問題に対処することで、机の上で問題を管理するだけでなく、夜中に現場に移動する手間を省くこともできます。ブラウザベースの接続(携帯電話や PDA など)を使用してリモートで、いっぱいになっているサーバの再起動や管理が可能です。
  • ネットワーク アクセス制御
    KVM over IP 拡張機能により、特定のユーザが任意のサーバへアクセスすることを許可します。
  • KVM グローバル集中管理
    Black Box の Boxilla など、KVM over IP を KVM ネットワークマネジャと一緒に使用することで、グローバルな集中管理が可能です。最終的には、ローカルかリモートで接続された KVM over IP デバイスを介したサーバアクセスとデバイス管理の統合に役立ちます。この管理プラットフォームにより、KVM ソリューションの相互接続と IP によるアクセスが可能になり、IP ベースシステムへの移行を安価で簡単に実現します。すべてのハードウェアはグローバルに提供されていても、完全に安全で、OOB 制御された 1 つの “傘” のもとに統合されます。
  • IP 上のポイントツーポイント信号延張
    性能を犠牲にすることなく、低レイテンシのインターネット経由で異なるコンピュータや仮想マシンに同時にアクセスできます。

KVM スイッチとエクステンダ、仮想マシン用の InvisaPC、KVM ネットワークを効率的に監視・管理する革新的なツールである Boxilla を含め、フルラインナップの詳細は Black Box にお問い合わせください。



Share |