Newsletter
ナビゲーション
 
IP ベースの AV 配信

IP ベースの AV(オーディオ/ビデオ)配信

IP ベースの配信技術は、送信機と受信機を使用して TCP / IP ネットワーク( LAN や WAN など)を介して信号を延長します。コーデックを使用する場合、 IP ストリーマと呼ばれたりします。機種を選択するときは、小規模オフィス向けのストリーミングビデオ用の民生品ではなく、業務用マルチキャスト製品かどうか確認してください。

IP-Based A/V Distribution Diagram

これら高性能エクステンダは CATx ケーブルインフラ(基盤)を使用しますが、ネットワーク化されていない標準 CATx エクステンダと比べ、アクティブなイーサネット ネットワーク上でデータをマルチキャストします。メディアストリームをパケット化し、IP ベースのネットワーク経由で配信することで、イーサネット配線がある場所ならどこでもソースコンテンツを配信できます。 既存の IP ネットワーク接続を利用してマルチメディアコンテンツを配信できるため、バックルームからロビーや他の公共エリアのデジタルサイネージへ、高額な専用回線を配線する必要がなくなります。さらに映像は干渉、画像ゆがみ、解像度低下の影響をあまり受けません。

圧縮を行うと、より長い時間の信号を扱えます。圧縮はビデオ品質の低下を意味するものではありません。圧縮は損失有りも損失無しもあります。私たちが議論している IP ベースの延長方法は、視覚的品質を失うことなく LAN 上でフル HD ビデオを実行できるように損失無し圧縮アルゴリズムを使用しています。

また、ビデオとオーディオを同期させて同時送信することもできるためレイテンシ(遅延時間)は無く、 QoS(Quality of Service サービス品質) 優先順位付け機能や帯域幅管理機能があります。また、双方向シリアル信号を使用して例えばシャットダウン、電源投入、パフォーマンスデータ収集をリモートディスプレイに対して行います。 さらに、選択したシステムがインタラクティブタッチスクリーンで使用できるよう、双方向シリアル接続に対応するものもあります。

加えて、既存のネットワーク標準に対応している場合と未対応の場合があります。これは配信距離がさらに必要な場合に重要です。イーサネット標準対応の場合は、ネットワーキングスイッチを介して、イーサネット標準仕様の100mよりもさらに映像を延長することができます。

なぜなら IP ベースのエクステンダは標準化されたイーサネットプロトコルに基づいており、メディアコンバータを使用することでファイバケーブル経由で数マイルも延長できるからです。さらに、エクステンダはエンドからエンドまで信号をデジタル送信するので、デジタルコンテンツが危険にさらされません。

既存の標準を満たすと、設置と延長が容易になります。リモートスクリーンに必要な数のレシーバを接続し、IGMP スヌーピング(IGMP 覗き見)を備えた標準のギガビット ネットワークスイッチを使用して、トラフィックを制御してください。 IGMP はマルチキャストに非常に重要で、IP スイッチがマルチキャストデータを各ポートに渡すことを防ぎ、パフォーマンスの低下やネットワーク帯域幅の浪費を防止します。 IGMP に対応したスイッチは、IP ネットワーク上のどのデバイスがマルチキャストパケットを受信したいのか、そうでないかを認識しています。IGMP に対応していないと、トラフィックはネットワーク上のすべてのエンドデバイスにブロードキャストされ、遅くなり停止します。

Share |