Newsletter
ナビゲーション
 
インターレースとは

インターレースとは


テレビ ビデオ信号はインターレースされています

これは各スクリーンの情報が、奇数ラインと偶数ラインの2つのフィールドで構成されていることを意味しています。まず奇数ラインがスクリーンに描かれ、次に奇数ラインが消える前に偶数ラインが奇数ラインの間に描かれます。これは人間の目が認識するよりも速く起きています。


コンピュータ信号はインターレースされていません

対照的に、コンピュータ信号はインターレースされておらず、水平線は1回のパスで左から右、上から下に徐々に描かれます。そのためインターレースされている TV とは異なり、コンピュータ ビデオにはちらつきがありません。

インターレース テレビ信号をノン インターレースのコンピュータ信号に変換するために、ライン ダブラとクワッド ラプラが開発されました。ただしライン ダブラやクワッド ラプラの両方と比較しても、ビデオスケーラには明確なメリットがあります。

  • ビデオスケーラを使用すると、プロジェクタなどで画像を表示する際に、画像の切りとり、歪み、後処理などがありません。
  • ビデオスケーラは複数のリフレッシュレートで出力できます。
    • たとえばビデオスケーラでは、変換された PAL ビデオを 50Hz のリフレッシュレートに対応していないプロジェクタに表示できます。また、変換されたビデオからフリッカを排除するため、75Hz での表示が可能です。
  • ビデオスケーラは 4:3 のアスペクト比に限定されず、レターボックス形式のビデオ(16:9 アスペクト比)も表示できます。
  • ビデオスケーラでは、プロジェクタやディスプレイはダブラやクワッド ラプラの出力を再処理する必要がありません。
Share |