Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box 用語事典 > WAN > ラインドライバ、ベースバンドモデム、モデムの違い
ナビゲーション
 
ラインドライバ、モデム、ベースバンドモデムの違い

ラインドライバ、ベースバンドモデム、モデムの違い


Line drivers - offer the simplest and cheapest method of increasing the distance between two devices

ラインドライバ - 2 つの機器間の距離を延ばす最も簡単で安価な方法です。最も単純なラインドライバは、単一信号のデジタルパルスを差動信号に変換します。この信号には多くの利点があります。ラインドライバは、2 線式や 4 線式の直接配線(私設回線)に適しています。


A 線と B 線間の微小な差を受信回路で検出できるため、4km までの距離延長が可能です。A 線と B 線への干渉は等しいので信号の差分に変化はなく、データは破損しません。



Modems use an analogue wave signal

モデム - アナログ信号を使用して電話回線でデータを伝送します(変調 / 復調)。もともと音声用に設計された公衆交換電話網(PSTN)の帯域幅によって、スピードは制限されていますが、モデム信号がネットワークを通る際に増幅されるので、距離は無制限です。PC モデムは PSTN 上でのみ動作し、データセンタモデムは常設接続(専用線)として使用できます。



Baseband modems </strong>offer greater distances than line drivers

ベースバンドモデム - ラインドライバよりも遠い距離に使用できますが、より複雑なので高価です。ベースバンドモデムは、デジタル信号技術(FSK、2B1Q、HDB3、HDSL など)を代わりに使用し、専用線として更に遠い距離に対応します。

Share |