Newsletter
ナビゲーション
 
光ブレークロケータとOTDRの使用

光学時間領域反射率計


光学時間領域反射率計またはOTDRは、光ファイバを分析するのに用いられる器具です。テスト段階で一連の光パルスをファイバへ送り、散乱して後方に反射する光を分析します。これらの反射は、光ファイバーの全長に沿って存在する、ブレーク、接合、コネクタ、およびアダプタ等の欠陥によって生じます。OTDRは、全長、減衰や損失、および欠陥までの距離を推定することもできます。また、これら過去の多くの「イベント」を「見る」ことができ、結果を表示することもできます。ユーザはその後、敷設済みのファイバの全長に沿って全イベントを見ることができます。


弱点

しかし、OTDRには弱点があります — それは、テスト段階で、ファイバケーブルの始まりの部分にある欠陥の確認を妨げる「盲点」です。これを補うためにファイバラウンチボックスが使われます。ラウンチボックスは、長さとコネクタタイプの形状があらかじめ定められています。このファイバの長さが盲点を補い、ケーブルの最初の10~30メートルにありうるどのような欠陥も逃すことなく、光ファイバ全長の分析を可能にします。


OBL-簡素化バージョン

光ブレークロケータ(フェイシングページ)またはOBLは、OTDRの簡素化バージョンです。ブレークのようなファイバ上の高い損失イベントを見つけ、ブレークまでの距離を測定することができます。OBLは、OTDRに比べて非常に使いやすく、特別なトレーニングを必要としません。しかし限界もあります。最初の欠陥または事象を見つけることはできても、その事象の後ろにある光ファイバの部分については、情報を表示できません。


 

Tech Support. Call for Product Availability

Share |