Newsletter
ナビゲーション
 
エイリアンクロストーク

エイリアンクロストーク


エイリアンクロストーク(ANEXT)は、10-GbEシステムにおける重要かつユニークな測定です。10/100/1000BASE-Tシステムで使用されるクロストークは、ケーブル内のワイヤペア間の信号の混線を測定します。10ギガビットイーサネットシステムにおけるエイリアンクロストークは、隣接する別々のケーブル内にあるワイヤペア間で生じる信号の連結を測定します。


エイリアンクロストークに影響を与える要素

ANEXTの量は、近くに隣接するケーブルやコネクタがあるかどうか、ケーブル全長、ケーブルのねじれ具合、EMIなどを含む、多数の要因によって決まります。パッチパネルや接続するハードウェアもまた、エイリアンクロストークの影響を受けます。


ビクティムケーブルとディスターバ

エイリアンクロストークでは、影響を受けたケーブルはディスターブドまたはビクティムケーブルと呼ばれます。周囲のケーブルはディスターバと呼ばれます。

alien crosstalk explainedイラストは、ディスターブまたはビクティムケーブルを有する、6アラウンド1構成を示しています。エイリアンクロストークは、隣接するケーブル内の複数のワイヤペアによる、ビクティムケーブル内の1つのワイヤペアに含まれるクロストークを測定します。




詳細について: クロストーク

より詳しく: クロスオーバケーブル

 
Share |