Newsletter
ナビゲーション
 
アナログビデオ接続

アナログビデオ接続



HD type hd15-Pin Video VGA connector image

VGA —ビデオ グラフィックス アレイ インタフェースは、個別の水平・垂直同期信号によりアナログRGB情報を伝え、HD15コネクタ(別称 15ピンDサブミニチュア)を使用します。

1987年、VGAがIBM®によってPCビデオディスプレイに導入された際、以前の EGA DB9コネクタと比較して大きな改善が行われました。


VGAの基本フォーマットは、256色、最高解像度640x480をサポートします。SVGA(スーパーVGA)、XGA、およびそれ以降のフォーマットは、一貫してより鮮明な画像、より多くの色深度を提供することを目指しています。また、互換性のないさまざまなSVGAグラフィックカードが混在する市場に、VESA規格は時間をかけて構成と互換性をもたらしました。それ以降のフォーマットでは、さらに高解像度をサポートし、デジタル1080iや1080pディスプレイに匹敵するものもあります。これら次世代のフォーマットには、SXGA(1280x1024)、UXGA(1600x1200)、およびWUXGA(1920x1200)などがあります。


RCA Jack Composite video connector image

コンポジット映像
通常、黄色のRCAコネクタとして知られる、アナログのコンポジットインタフェースは、消費者向けテレビ機器の規格として使用されてきました。

その名前が示す通り、コンポジット映像は、輝度(黒と白)、クロミナンス(色)、および同期信号が1つの信号に組み合わさったものです。


S-Video connector imageSビデオ
Y/Cビデオとも呼ばれるSビデオは、コンポジット映像に関連する短所のいくつかを克服するために導入されました。これはあまりエンコードされていないビデオ形式で、色情報(C)と輝度情報(Y)を別々に送信して、鮮やかな画像を作り出します。


Component video connector image

コンポーネント映像
これはYCbCrコネクタが信号をSビデオ以上に分離して干渉を少なくし、映像の質を向上させます。Y(輝度)信号に加えて、色情報を B-Y(青から輝度を抜いたもので、CbまたはPbとも呼ばれます)およびR-Y(赤から輝度を抜いたもので、CrまたはPrとも呼ばれます)の2つの信号として送信します。


さらに詳しく:DVI - デジタル ビジュアル インタフェース
 
Share |