Newsletter
ナビゲーション
 
ケーブル終端処理

ケーブル終端処理


ケーブルから慎重にジャケットを外し、絶縁導線を1インチむき出しにします。導線から絶縁体を外さないでください。RJ-45コネクタを圧着することで、内側の接触が導線の絶縁体を貫通します。

ジャケットの8分の1の範囲内でワイヤのヨリをほどいてください。ケーブルの仕様(この場合は568B)に応じて、ワイヤを配列します。さらに、ワイヤを平らにし、整列させます。端を確実に等しい長さにするため、全てのコンダクタを一度に真っ直ぐカットをして、およそ2分の1を取り除いてください。

コネクタにワイヤをスライドさせます。ケーブルジャケットは、ストレインリリーフのため、4分の1程度コネクタ内に拡張する必要があります。ワイヤを正しい位置に配置し、コネクタピン1をケーブルピン1などと整列させます。コネクタを前に持ちます。ロッキングタブを下に向けると、ピン1は左端にきます。

圧着工具にコネクタを挿入します。適切な型を使用していることを確認してください。さらにハンドルをしっかりと絞ります。これらは、ラチェットアクションでロックされます。最後のクリックでコネクタがしっかりとラッチされたことを示します。

処理に使用する導通テスタやケーブルサーティファイヤーが、敷設されているケーブルの標準に対して定格であることを確認してください。お使いのテスタは、ショート、オープン、誤配線を確認できる必要があります。
Share |