Newsletter
ナビゲーション
 
DisplayPort ケーブル

DisplayPort ケーブル


DisplayPortは、2006年にビデオエレクトロニクス規格協会(VESA)によって設計され、2008年から生産されているデジタルビデオインターフェースです。これは直接HDMI®と競合しています。HDMIとは異なり、DisplayPortは使用料がかからないオープンスタンダードです。

このデジタルインターフェースは、コンピュータと、モニタや高精細テレビジョンとのあいだで主に使用され、今日生産される多くのコンピュータチップセットに組み込まれています。これは、単一のコネクタを介してデジタルビデオ、オーディオ、双方向通信、および付属電源の性能を備えており、信じられないほど多用途です。

V1.2が最大21.6Gbpsまでサポートしますが、DisplayPort v1.1は2メートルのケーブルで最大10.8Gbpsをサポートします。DisplayPort v1.2はまた、唯一の単一出力ケーブルで、最大4台のモニタをデイジーチェーン接続することができます。これはまた、ほぼUSBハブのように作動するDisplayPortハブの将来性をもたらしています。

標準のDisplayPortコネクタは非常にコンパクトであり、コネクタのサイズでは備えることができないラッチを備えています。HDMIとは異なり、DisplayPortコネクタは、ピンチダウンロックのフードで簡単にロック可能で、たやすく外れることはありません。ですがコネクタをすばやくひとつまみすることで、ラッチは解放されます。

DisplayPortは、3mまでのケーブル全長における最大解像度により、15mまでのケーブル全長をサポートします。双方向シグナリングにより、DisplayPortは接続されたデバイスからのデータを、送信も受信もすることができます。

適切なアダプタを使用することで、DisplayPortケーブルはDVIやHDMI信号を運ぶことができますが、これは逆方向には作用せず、DVIやHDMIケーブルがDisplayPortを運ぶことはできません。DisplayPortは、接続されたデバイスに電力を供給することができるため、DisplayPortからHDMIやDVIアダプタに対しては、別途、電源を必要としません。

Mini DisplayPort(MiniDPまたはmDP)は、DisplayPortインターフェイスのミニチュアバージョンです。これは、コンピュータの映像信号や音声信号を、デジタル、アナログの、いずれかを問わず、運びます。Apple®は2008年にMini DisplayPortコネクタを導入し、現在全ての新しいMac®コンピュータに使用されています。また、新しいノート型パソコンでも使用されています。この小さなフォームファクタのコネクタは、VESA DisplayPortのプロトコルを完全にサポートしています。これは、ラップトップなどのスペースが限られているシステム上、または高さが限られているアドインカード上の複数のコネクタをサポートする際に特に有用です。
Share |