Newsletter
ホーム > ソリューション > 産業別 > 公共輸送 > 公共輸送機関のコントロールルームでKVMを使用するメリット
ナビゲーション
テクニカルサポート
Free Tech Support
ケーススタディ

KVMソリューション

British Airways
HTM
 

公共輸送

公共輸送機関のコントロールルームで
KVMを使用するメリット

Advantages of using KVM in public transport control rooms

すべてのコントロールアプリケーションは同じ哲学を共有しています。すなわち、人々が仕事のアプリケーションとプロセスに集中できるように支援することです。人間工学は、オペレータが業務に集中できるようにするための第1の目標です。KVMテクノロジは人的資源のより効率的な活用のために、人間工学を追求し労働時間を短縮することによって操作性を向上させます。

Free 30 Minute Consultation

静寂性と室温

KVMテクノロジにより、オペレータは、まわりの騒音や室温の高さを気にすることなく、快適な環境で業務ができるようになります。遠隔の橋渡し時に、信号の品質を犠牲にすることはありません。

その結果、オペレータはより業務に集中でき、機器の操作に業務が影響されることがありません。これらのステップを踏むことで、より高度な生産性を発揮できるデスクトップ作業が実現します。

柔軟性と拡張性

KVMシステムは今日の急速に変化するアプリケーションとともに進化します。システムにより、移転や保守は容易にできます。リソースは共有でき、必要なリソースの削減につながります。KVMシステムはコントロールルームの拡張に連動して容易に拡張できます。

Take advantage of todays technology in Public Transport

使いやすさとサービス

今日のKVMシステムでは、シームレスな切替と簡単な操作・設定がカギになっています。すべてが1つの統括的なシステムで行えるので、オペレータと保守スタッフがより効率的に仕事をすることができます。

エネルギーを節約(グリーン IT)

KVMテクノロジにより、PCを最大75%減らし、グリーンITイニシアチブを支援します。ワークステーション用のPCの数が減るので、60~70%のエネルギー削減が可能です。

コスト削減

公共交通機関の効率を高め、必要なキーボード、モニタ、マウスの数を減らし、サーバルームを冷却するためのエネルギーコストを削減します。Black Box のソリューションの多くは、シームレスな統合と、ダウンタイムなしでの既存の配線への接続が可能です。



公共輸送向けKVMソリューション

公共輸送機関の顧客

  • De Lijn
  • NMBS
  • TEC
  • STIB
  • RET
  • HTM
  • British Airways
Share |