Newsletter
ナビゲーション
 
仮想LAN (VLAN)

仮想LAN (VLAN)


名前に表われているように、VLANは、文字通り「仮想」のLANであって、かつてはミニSubLANとして設定されていました。論理的には、単一で安全なネットワークセグメントとして、存在し機能することが可能です。また、はるかに巨大な物理的LANの一部として運用することもできます。

VLAN技術は、広範囲にわたるネットワークを持つ企業に最適です。高価で時間のかかるサービスの呼び出しを行うかわりに、システム管理者は容易にワークステーションを設定・再設定でき、また単純なポイントアンドクリック、ドラッグアンドドロップの管理ユーティリティを使用した安全なネットワークセグメントを設定することができます。VLANは、ダイナミックで新しいLAN経路の定義方法を提供するほか、中央のハブから放射状に接続され、地理的に孤立したワークステーショングループを、従来の限界をはるかに超える範囲で結びつける、革新的な仮想ネットワークセグメントを作りだします。

例えば、VLANスイッチを使用すれば、つぎのようなことができます。お客様の企業全体に配置されたデバイスのいくつかを選択するか(例えば、管理者のワークステーション)、または、お客様が構築したVLANへのフルアクセスを必要とするその他のデバイスを選択して、安全なVLANを構築することができるのです。

Ciscoによると、VLANはユーザの物理的な場所に関係なく、機能、プロジェクトチーム、またはアプリケーションによって論理的に分割されたスイッチドネットワークです。各スイッチポートには、別のVLANを割り当てることができます。同じVLANで設定されたポートは放送を共有しますがVLANに属していないポートは、データを共有しません。

VLANは、共有ハブアーキテクチャの中のように物理的な制約を課すことはなく、企業全域にわたって、グループユーザやポートを論理的に切り替えます。共有ハブを交換する際、VLANスイッチは各ワイヤリングクローゼットによって課される物理的バリアを取り除きます。
Share |