Newsletter
ナビゲーション
 
曲げ半径

曲げ半径


光ファイバケーブルを折り曲げる

光ファイバケーブルを敷設する際に配慮すべき最も重要な点の一つは、最小曲げ半径を守ることです。過度にファイバケーブルを折り曲げることは、クラッドを通して光信号が屈折したり漏れたりする原因になる恐れがあります。また、繊細なガラスファイバにマイクロクラックを生じさせ、永久的な損傷を引き起こす恐れもあります。オーバーベンドが光伝送に干渉する場合、その結果として増大した減衰が、お客様の貴重なデータの整合性を損ないます。


最小曲げ半径

光ファイバケーブルの最小曲げ半径は、長期的な敷設の場合と、ケーブルが引張荷重を受けている場合の、両方のケースについて、仕様として規定されています。負荷ゼロの条件下、または「アンロード」のケーブルでは、一般的な値はケーブル外径の10倍です。ケーブルに引張荷重がある条件下、または「ロード」のケーブルでは、最小曲げ半径は、通常、ケーブル外径の15倍です。



さらに詳しく: 光ファイバケーブルとプーリングアイ

Share |