Newsletter
ナビゲーション
 
CAT5とCAT5e

CAT5とCAT5e


CAT5

CAT5(CAT5)ケーブルは、100MbpsのLAN向けの優良なソリッドケーブルです。カテゴリ5の標準は1991年ごろから存在しているので、十分に確立されています。CAT5が敷設されている現場をいたるところで見つけることができるでしょう。CAT5のケーブルにできることとできないことは何でしょうか?

すでにお手元に10Mbpsの機器を多く持っている場合、CAT5ケーブルは、お客様のニーズに応えることができるでしょう。またCAT5ケーブルは、100-Mbpsのファストイーサネットの伝送を非常にうまく処理します。

しかし、もし100Mbpsのネットワークの性能限界を越えて運用している場合は、少なくともシステムの一部を、すぐにでもCAT5eかそれ以上にアップグレードする必要があります。


CAT5e - 改良されたCAT5

エンハンスドCAT5またはCAT5eとして知られるCAT5eは、1999年に批准されました。これは、フルデュプレックスのファストイーサネットの動作およびギガビットイーサネットをケーブルがサポートできるよう、改善された設計となっています。

CAT5とCAT5eの間の主な違いは、仕様書に記載されています。性能要件は、新たな基準でわずかに高くなっています。

CAT5eでは、電力和等レベル遠端漏話(PS-ELFEXT)、近端クロストーク(NEXT)、減衰、およびリターンロスなどの仕様が、CAT5と比べてより厳格になっています。CAT5のように、CAT5eは100MHzの標準ですが、帯域幅を処理する能力において、CAT5より優れています。これらの改良により、お手元のCAT5e UTPで、問題のない、フルデュプレックス、4ペアイーサネットの伝送を行うことができます。



さらに詳しく: CAT6とCAT6a

Share |