Newsletter
ナビゲーション
 
ファンアウトキット

ファンアウトキット


ファーケーションとは何か?

ファーケーションは、ルースチューブケーブル内の各ファイバに保護チューブを追加するプロセスです。これは適切なツールを持っていなければ、頭を悩ませる作業になる場合があります。ケーブルまたはバッファチューブを推奨の曲げ半径を越えて曲げる場合、またはキンクをそのままにした場合、ケーブルの接続と接合は規格に満たないものになってしまい、それが時間の経過とともに故障する原因となります。ケーブルが屋外にある場合は、さまざまな要因にさらされることになります。そのため結果として、ケーブルが破損し、最適時の伝送性能が得られなくなります。


ファンアウトキットはファーケーション中は絶対必要

このような理由で、ファンアウトキットはファーケーション中は絶対に必要です。これらのキットを使用すると、バッファチューブから保護チューブ内に、壊れやすいファイバストランドを分岐することができ、よってコネクタを追加することができます。そして、スプライシングハードウェア、トレイおよびピグテールを使用せずにそれを行うことができます。


光ファイバを分離する

光ファイバを分離するには、光ファイバの配色と一致させるよう色分けされたファンアウトアセンブリを使用してください。アセンブリは、ケーブルの曲げ半径を保持します。また、光ファイバを引張力から解放することで、光ファイバにかかる過度の負担を取り除きます。


ファンアウトキットのいくつかのタイプ

ファンアウトキットのいくつかのタイプは、屋内と屋外の両方のクロスコネクトに利用可能です。屋外用のキットは、激しい温度変化を補正するコンポーネントを含みます。あるキットは、バッファチューブあたり6心または12心のファイバでルースチューブケーブルの終端処理のために使用されています。その他のキットは、200以上のルースチューブケーブルファイバに対して、ファーケーションと、終端処理が可能です。また、ケーブルシースを密封し、終端処理の部分に水分への防壁をつくります。これらのキットは追加のハードウェアを必要としません。


ルースチューブケーブルの終端処理

パッチパネルでルースチューブケーブルを終端処理することが推奨されていても、それが常に可能とは限りません。このため、むき出しのファイバに、より強いチューブを添える「スパイダー」タイプのファンアウトキットがあります。チューブは、ふつう多層構造になっており、個々のファイバを束ねるインナーチューブ、アラミドヤーンの強化部材、および保護用外皮のPVCジャケットからなります。ケーブルジャケットをバックストリップしてから、ファンアウトの差し込み部分にファイバを通します。



さらに詳しく:
光ファイバモードコンディショニングケーブル

Share |