Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box 用語事典 > ケーブル > ケーブル II > ファイバ分散データインタフェース(FDDI)
ナビゲーション
 
ファイバ分散データインタフェース(FDDI)

ファイバ分散データインタフェース(FDDI)


ファイバ分散データインタフェース(FDDI)は、米国規格協会(ANSI)によって1980年代初頭に制定されたネットワーク規格で、最大100 Mbpsの速度での動作に対応しています。標準のFDDIネットワークは、一連のノードに対して逆方向に信号を伝送する2つのリングとともに、リングトポロジーの中に設定されています。FDDIは、一つのデュアルリングネットワークで最大500ノードまで適応し、隣接したノード間では2kmまで対応できます。FDDIは、ループ周辺の伝送を制御するために、IEEE 802.5トークンリングネットワークと同じトークンパッシング方式を使用しています。


冗長性

FDDIのデュアルリング方式では、プライマリリングに障害が発生した場合に、データを回復するための予備としてフォールトトレラント・ネットワークを作成します。プライマリリングが失敗した場合、前者のミラーであるセカンダリ・リングが、瞬時にネットワーク通信をピックアップします。2つ以上のFDDIネットワークで構成されるネットワークが、失敗によって元のリング内に分離したとしても、クロスネットワークのデータのみが失われるだけで、ネットワーク内部のデータはそのまま残ります。


長距離における素晴らしいパフォーマンス

たとえば1000Mbpsを誇るギガビットイーサネットなど、いくつかのネットワークアーキテクチャはFDDIよりはるかに速い速度を保証しています。しかしながら長期的にみれば、FDDIには並ぶものがありません。ケーブルのタイプに応じて、FDDIネットワークは、最長で外周100kmまで延伸することができます。加えてFDDIの速度は向上する可能性があります。二次リングが自身のネットワークとして使用される場合、両方のリングがそれぞれ200 Mbpsという高速で個別に動作することが可能です。 この特徴は、耐障害性を欠いているものの、高帯域幅アプリケーションに最適です。


データシグナル インテグリティ

example of fiber optic cable with connectorデータシグナル インテグリティは、FDDIネットワークのもう一つの主な長所です。光ファイバ信号は、EMI/RFIに対する耐性があり、銅線を媒体とするときよりも、減衰がはるかに少ないです。加えて、光ファイバは、不正アクセスすることが極めて困難なので、高セキュリティのネットワークやアプリケーション向けに選択するのに最適です。


フレキシブルでしなやかな細型軽量の光ファイバケーブル

特に銅線との比較においては、光ファイバケーブルは終端処理に注意が必要ですが、その物理的特性により、敷設の際に選ばれる選択肢として信頼度が高いです。また、ケーブル自体は非常に柔軟でしなやかです。光ファイバケーブルは非常に細く(平均3㎜)、標準のイーサネットケーブルの10分の1程度の重さです。



さらに詳しく: 光ファイバケーブルの構造

Share |