Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box 用語事典 > ケーブル > ケーブル II > 光ファイバ モードコンディショニング ケーブル
ナビゲーション
 
光ファイバ モードコンディショニング ケーブル

光ファイバ モードコンディショニング ケーブル


Fibre Optic Mode-Conditioning Cable


550メートル以上のギガビットイーサネット用光ファイバ モードコンディショニング ケーブルを使用しましょう

最長2kmにわたるマルチモード光ファイバーケーブルで、ギガビットイーサネットを実現することができます。しかし、長波長(1310nm)のギガビットイーサネット(1000BASE-LX)に使用されるトランシーバモジュールは、シングルモード信号のみを送信します。よって、既存のシステムに550mより長いマルチモード ファイバケーブルがある場合、光ファイバ モードコンディショニング ケーブルを使用して、ギガビットイーサネット用に使用することができます。


マルチモードファイバの中心にシングルモードレーザーを送信することで複数の信号が生成される場合、もう一方の端にある受信機を混乱させることがあります。モード遅延時間差(DMD)によって、これらの複数の信号が生成されてしまい、ギガビットイーサネットが動作するためのケーブル距離の長さを著しく制約してしまいます。光ファイバ モードコンディショニング ケーブルは、複数の信号を排除し、一般的なマルチモードLEDに近い状態での送信を可能にし、マルチモードファイバの中心からのシングルモードレーザの送信を補正します。



さらに詳しく: 曲げ半径

Share |