Newsletter
ナビゲーション
 
挿入損失

挿入損失


挿入損失は、コンポーネントを以前の連続パスに挿入すること、またはその中で接合をつくることから生じる電力損失です。これは挿入の前後に受ける電力の量で測定されます。


銅ケーブル

銅ケーブルにおいては、挿入損失は実行開始から終了までに失われる電力を測定します。


光ファイバケーブル

光ファイバケーブルにおいて、挿入損失(光損失とも呼ばれる)は、始まりから終わりまでに失われる光の量を測定します。吸収、拡散、散乱および分散等、多くの事象が、光を失わせる要因となりえます。


接続不良

光ファイバがきちんと一列に整列していないような、劣悪な接続や接合により、接続不良が起こることがあります。


光損失

光損失はデシベル(dB)で測定され、相対的なパワーを示します。10dBの損失は、パワーが10分の1に減少することを意味します。


光強度

光ファイバを介して既知の光源を送りその反対側の端で強度測定をする、光パワーメータ、光学損失テストセット、その他のテストセットにより、光強度を測定できます。


Share |