Newsletter
ナビゲーション
 
USB (ユニバーサル シリアル バス)

USB (ユニバーサル シリアル バス)


USBは、パソコンや電話通信機器の主要メーカにより開発された使用料なしのバス仕様で、プラグアンドプレイによる周辺機器の接続をサポートします。USBは、バンド幅、アイソクロナス伝送、非同期データ転送を向上させており、従来の入出力ポートと比較してコストを抑えることができます。複数の周辺機器とポートを利用することで発生するケーブルの煩雑さを取り除くように設計されているため、コンピュータや電話関連機器を全般的にサポートしています。


Universal Serial Bus (USB) 新しい機器を即検知して設定

USBが登場する前は、周辺機器の追加には、コンピュータを開いてカードを取り付け、DIPスイッチを設定して、IRQ設定をするスキルが必要でした。今では、デジタルジョイスティック、スキャナ、スピーカ、カメラ、PC電話を瞬時に接続できます。新しいボードをインストールするのにパソコンのCPU(中央処理装置)を開くかわりに、筐体の外からUSBポートに接続するだけです。USBは、新しい機器を即座に検知して設定します。


長所
  • USBは、ホットスワップが可能で接続が便利です。周辺機器の取り付けや取り外しの際、コンピュータを終了する必要がありません。
  • USBハブには追加ポートがあり、複数の機器をデイジーチェーンで接続することができます。USBのデイジーチェーンは、最高で127個のUSBハブをサポートできますが、周辺機器間の距離は5m未満にします。
  • USBは、T1と比較して約8倍の速度があります。パソコン、周辺機器、ソフトウェアの主要メーカ450社以上がUSBをサポートしています。

Share |