Newsletter
ナビゲーション
 
UTPケーブルと色ずれ

UTPケーブルと色ずれ

UTPケーブルは、多くの場合ビデオ信号の到達範囲を拡張するために、ビデオまたはKVMエクステンダ―と共に使用されます。軽量で扱いやすくかつ安価なため、このような用途で普及しています。しかし、ツイストペアケーブルの長いストレッチを介してビデオを送信する際に、色ずれや色割れと呼ばれる現象に見舞われることもあります。


色ずれ

色ずれとは、ビデオ画面上のオブジェクトの周りで時々見られる、厄介な色付きの影のことです。ケーブル内のワイヤのペアは、ペア間のクロストークを低減するため、わずかに異なる間隔でねじれています。これにより、色ずれがUTPケーブルで発生することがあります。ワイヤペア間のこのような違いにより、さまざまな色のビデオ信号は多くの場合、それぞれ互いに異なる距離を移動してリモート受信機に達します。ワイヤがより長いことで、1つの色信号が他の色信号のあとに到達した場合、ビデオ画面上のオブジェクトの周囲に、赤や青、緑の影が現れます。


色ずれの予測の難しさ

UTPケーブルは、メーカーによって大きく異なるため、ビデオエクステンダをインストールする前に、色ずれの問題があるかどうかを判断することは困難です。ケーブルのグレードが高い(CAT5e/CAT6)、ケーブル配線が比較的長い、また画像の解像度が高い場合は、色ずれを経験するおそれが高くなります。


解決策

色ずれが発生した場合、可能な解決策として、より短いケーブルを使用する、CAT5e、CAT6ケーブルからCAT5ケーブルに切り替える、画面の解像度を低くする、またはビデオスキュー補正器を使用することができます。

ビデオスキュー補正器は、ワイヤペアの差を補正するため、いくつかの色信号を遅延させることにより、色ずれを除去します。


UTPケーブルは、4つのツイストペアまたはワイヤで構成されています。各ペアは異なる間隔でねじれているため、それぞれのワイヤペアは、実際異なる長さになることがあります。


より詳しく: 銅パッチケーブル用ライトインジェクタ
Share |