Newsletter
ナビゲーション
 
光ファイバ被膜

光ファイバ被膜


光ファイバケーブルの構造には、2つのスタイルがあります。ルースチューブとタイトバッファリングです。ともに、アラミドヤーン、ステンレス鋼ワイヤストランド、ジェル充填スリーブなどの、いくつかのタイプの強化部材を含みます。しかし、それぞれ互いに、非常に異なる環境向けに設計されています。


ルースチューブケーブル

2つのケーブルタイプのうち古いタイプにあたるルースチューブケーブルは、特に、過酷な屋外環境向けに設計されています。半硬質の保護スリーブ内、またはチューブ内にあるもの全てを覆うことにより、ファイバコア、クラッディング、およびコーティングを保護します。複数の光ファイバを覆うルースチューブケーブルには、それぞれ個別のスリーブコアがすべてを包む外側ジャケットの中でゆるやかに結束しています。


耐水ジェル

多くのルースチューブケーブルはまた、ファイバを包む耐水性ジェルを備えています。このジェルは、水分からの保護に役立つため、このケーブルは水や結露が問題となる厳しい高湿度の環境に最適です。ジェルを充填したチューブはまた、温度変化によって拡大、収縮することができます。

しかしケーブルを水面下に沈める必要がある場合や、複数の曲がり角に敷設する際には、ジェルを充填したルースチューブケーブルは最適の選択ではありません。ケーブルにかかる余計な負荷で、ファイバがジェルから押し出されるおそれがあります。


タイトバッファケーブル

タイトバッファケーブルは対照的に、屋内使用向けに最適化されています。ルースチューブケーブルよりも丈夫なため、適度な長さのLAN/WAN接続や、長い室内配線、また直接埋設する場合にも最適です。タイトバッファ型ケーブルはまた、水中での用途に推奨されています。


二層コーティング

ジェル層またはファイバコアを保護するスリーブの代わりに、タイトバッファケーブルは、2層のコーティングを使用します。1つはプラスチックで、もう1つは防水アクリレートです。アクリルコーティングはケーブルを水分から守ります。これはルースチューブケーブルにおける、ジェル充填スリーブと同様です。このアクリレート層はプラスチックファイバ層に固く結合しているため、ケーブルが水中で折り曲げられたり圧縮されたりした場合でも、(ジェル充填ケーブルでは、そのおそれがあるのとは対照的に)コアが露出することは決してありません。


敷設が簡単

タイトバッファケーブルはまた、クリーンアップすべき面倒なジェルもなく、結合または終端処理にファンアウトキットを必要としないため、簡単に敷設できます。また、各ファイバに直接コネクタを圧着することができます。


ハイブリッドブレイクアウト式光ファイバケーブル

両タイプのケーブルの両方の長所がお望みですか?ルースチューブ型ハウジング内にタイトバッファケーブルを組み合わせた、ハイブリッドブレイクアウト式光ファイバケーブルをお試しください。


さらに詳しく: 光ファイバケーブルの構造

Share |