Newsletter
ナビゲーション
 
DisplayPort

DisplayPort


DisplayPort は、新しいデジタル インタフェース標準で、主な用途はディスプレイとコンピュータを接続することです。これは、A/V ストリームを伝送するための単方向メインリンク、プラグ&プレイ向けハーフデュプレックスの双方向 AUX CH、そしてホットプラグ検出 (HPD) で構成されています。DVI、および最終的にはアナログ VGA に取って代わることが期待されています。


10.8Gbpsデータ

DVI コネクタよりもはるかに小型であるものの、DisplayPort v1.1a の最初の改訂は、シングルチャンネル DVI の能力を倍増し、最大10.8Gbpsのデータ伝送を可能にします。


コネクタ

DisplayPort は USB コネクタとほぼ同じサイズで、シングルチャンネル DVI コネクタと同じ数の接続を使用しますが、所定の位置にしっかりとロックします。クイックリリースボタンがコネクタの上に配置されており、必要に応じて手軽にケーブルを取りはずすことが可能です。


置き換え接続

DisplayPort は、パソコンと、それに関連するモニタとのあいだの接続を置き換えますが、またそれ以外の働きもします。ノートパソコン、ディスプレイ、テレビの内部に一般的である、低電圧差動シグナリング(LVDS)を置き換えるために使用することができるので、デバイスの設計が容易になり、かつ簡素化できます。


あらゆるタイプのディスプレイをサポート

あらゆるタイプのディスプレイは、従来型の CRT モニタ、TFT 液晶パネル、プラズマディスプレイ、液晶ディスプレイなどの、DisplayPort でサポートされており、DisplayPort アダプタを使用すれば、DVI、VGA、HDMI との直接接続が可能になります。


形状

コンパクトな形状の DisplayPort コネクタは、サイズと外観が HDMI にかなり似ていますが、HDMI が2つ持つのとは対照的に、傾斜した角が1つだけあります。これには、外部コネクタ用の20ピンと内部接続用の32ピンが含まれています。


パフォーマンス

DisplayPort ケーブルは、最大15mまで使用することができます(24bpp、50/60Hzで1080pまでの動画をサポート)。3mのケーブルでは、最大10.8Gbit/sのデータ速度、2560×1600のビデオ解像度、8チャンネルの非圧縮オーディオをサポートします。

Share |