Newsletter
ナビゲーション
 

製造・工業

EMI保護とマウント

EMI protection and mounting

工業区域はまた電磁妨害(EMI)や無線周波数干渉(RFI)を受けやすい所です。EMI/RFIからの干渉や雑音は不要な信号を作り出し、ネットワークのパフォーマンスを下げることがあります。

工業用途向けデバイスは、通常、オフィスやデータセンタ向けよりも高いEMIに耐える構造になっています。シャーシは通常シールドされ、 EMI信号はコンデンサベースの回路か特別なコーティングを使用して、吸収されるようになっています。




マウント

オフィスやデータセンタ向けの機器は通常、自立型か、キャビネットかラックの19インチレールに取り付けられています。一方、工業機器は平坦な面にボルト止めしてパネルに固定するか、DINレールに固定します。

Mounting in Industrial Environments

DINレールは、業界標準の金属レールで、通常は電気筐体の内部に設置されます。DINレールと合わせて使用するよう設計された、小型の電気機器向けのマウントとして機能します。これらの機器はレールに、ねじやワイヤを使いぴたりと固定されます。

 

様々な機器をDINレールに固定可能:ターミナルブロック、インタフェースコンバータ、メディアコンバータスイッチ、リピータ、サージプロテクタ、PLC、ヒューズ、電源など

標準的なDINレールは35mm幅で、端が高くなっています。サイズはDeutsche Institut für Normung(ドイツ規格協会)により規定されています。レールは設置のために切断されることがあります。固定する機器の仕様により、レールをアースする必要があります。

キャビネットのNEMA評価

汚染物質から機器を守るよう設計されたエンクロージャは、工業機器を保護する手段の1つです。

これらのエンクロージャは通常NEMA レイティングがされており提供する保護のレベルを示します。

多くの数値的なNEMA 指定があり、特に重要なものは、NEMA 3、NEMA 3R、NEMA 4、NEMA 4X、NEMA 12です。Black Box Explains のNEMAレイティングをご覧ください。





製造・工業向けソリューション

Share |