Newsletter
ナビゲーション
  Whirlpool

イノベーションへの扉を開く、
Whirlpool Corporation の
Cisco® プラットフォーム導入と標準化

背景

有名ブランドで知られる世界的メーカーであれば、生産工程のボトルネックや創造力の妨げとなる、老朽化したシステムを使い続けている余裕はありません。Whirlpool Corporation は、Black Box が導入を担当した Cisco の新しいネットワークアーキテクチャにより、高い俊敏性と効率性を実現しています。

世界最大の家電品メーカーである Whirlpool Corporation は、料理・掃除・洗濯・乾燥・暖房・加湿など、家事や生活のあらゆるシーンで、消費者に快適な暮らしを提供していますが、170か国で市場をリードするため、業務においても、理想的な環境が求められています。


課題

Whirlpool では、同じ工場内でも違う種類のネットワーク機器が混在し、いままでの歴史の負の遺産となっていました。ワイヤレスネットワークを導入し、時代にどうにか追い付く一方、ロジスティクス部門ではバーコードスキャンの新製品を検討しているというありさまでした。このように安定性を欠く環境は、運用コストが高いだけでなく、トラブルシューティングに掛かる労力が大変でした。

「ネットワークアクセスが限られていたため、経営陣が生産プロセスをリアルタイムで把握し、コントロールすることができませんでした」と、プログラムマネージャの Greg Fisbeck 氏は言います。「当社は、グローバル全体で IT 業務を標準化することに決めました」


ケーススタディの全内容を読むには、右のフォームに入力してボタンを押してください。


Black Box のソリューション


Share |