Newsletter
ナビゲーション
 
 
CAT5とCAT5e

CAT5 と CAT5e


CAT5

CAT5 ケーブルは、100Mbps の LAN 用の優良な単線ケーブルです。CAT5 の標準は1991年ごろからあり、現在では十分に市場で確立してるので、CAT5 が敷設されている現場をいたるところで見つけることができるでしょう。そこで、CAT5 ケーブルにできることとできないことは何か知っていますか?

既に 10Mbps の機器を多く持っている場合、CAT5 ケーブルは二ーズに応えることができるでしょう。また CAT5 ケーブルは、100Mbps の高速イーサネットの伝送を非常にうまく処理します。

ですがもし、100Mbps のネットワークの性能限界を越えて運用している場合は、少なくともシステムの一部を、すぐにでも CAT5e かそれ以上にアップグレードする必要があります。


CAT5e - 改良された CAT5

エンハンスド CAT5 または CAT5e として知られる CAT5e は、1999年に批准されました。これは、フルデュプレックスの高速イーサネットの動作やギガビットイーサネットを、ケーブルがサポートできるよう改善された設計となっています。

CAT5 と CAT5e の間の主な違いは仕様書に記載されています。性能要件は、新たな基準でわずかに高くなっています。

CAT5e では、電力和等レベル遠端漏話(PS-ELFEXT)、近端クロストーク(NEXT)、減衰、リターンロスなどの仕様が、CAT5 と比べてより厳格になっています。CAT5 のように、CAT5e は 100MHz 標準ですが、帯域幅を処理する能力において、CAT5 より優れています。この改良により、CAT5e UTP で、問題なくフルデュプレックスや4ペアイーサネットの伝送を行うことができます。



さらに詳しく:
CAT6とCAT6a

 
Share |