Newsletter
ナビゲーション
 
VGA から DVI ビデオへ

VGA から DVI ビデオへ


近年 PC では、ほぼ VGA インタフェースを持つ従来の CRT(ブラウン管)モニタは使われなくなりました。最新のハイエンド コンピュータには、デジタル ビジュアル インタフェース(DVI)を持つデジタル フラットパネル(DFP)が搭載されています。現在使用されているコンピュータには従来のモニタも見受けられますが、フラットパネル ディスプレイがデスクトップ上でより薄くて魅力的であるだけでなく、従来の CRT モニタよりはるかに繊細で鮮明な画像を提供できるので、現在は新しい DFP が主流になってきています。

VGA インタフェースは、従来の CRT モニタをサポートするために開発されました。一方、DVI インタフェースは、デジタルディスプレイ向けに特別に設計されており、DFP で達成される高解像度、シャープで詳細な画像、明るく正しい色をサポートします。

ほとんどのフラットパネル ディスプレイは VGA インタフェースへ接続できますが、VGA インタフェースを使用するとビデオ品質が劣化します。VGA は単純にハイエンドのデジタルモニタが提供する画質をサポートできません。 残念なことに、VGA 接続が可能なことで、多くのコンピューで DFP を VGA に接続してしまい、フラットパネル モニタが提供する画期的な明瞭さを享受していません。

肝心なのは、新しい DFP ディスプレイを最高の状態で動作させるために、 DVI ビデオインタフェースに接続することです。新しいビデオモニタを購入するときは、PC のビデオカードをアップグレードする必要があります。 KVM スイッチを使って DVI で DFP を使用する場合、KVM スイッチも DVI 対応である必要があります。
Share |