Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box 用語事典 > マルチメディア > 5つの一般的なビデオエラーとその修正方法
ナビゲーション
 
5つの一般的なビデオエラーとその修正方法

5つの一般的なビデオエラーとその修正方法

デジタル HDMI と DVI フォーマットは、くっきりした鮮明な画質を提供しますが、問題が発生することもあります。
最も一般的な5例を紹介します。

HDMI cable that’s too long or of inferior grade or HDCP issue問題1: 黒い画面(画像が表示されない)

考えられる原因:

  • ケーブルが不良か、あるいは長すぎるため、ビデオ信号または EDID / HDCP 制御信号が正しく送信されていません。高価なものでなくても良質の高速 HDMI® ケーブルを使用するか、HDMI エクステンダを試してみてください。
  • HDCPに対応していません。ディスプレイは HDCP に対応していますか? DVI ディスプレイは通常、HDCP に対応しているものではありません。

HDMI cable that’s too long or of inferior grade問題2: 写真の“輝き”

通常は HDMI ケーブルが長すぎるかまたは、劣悪であることが原因です。解決策は、ビデオエクステンダを使用するか、信頼のおけるメーカから高品質の HDMI ケーブルを購入することです。

color encoding issue問題3: RGB の色あい(色調)

通常 HDMI ソースで DVI ディスプレイを使用する時の一般的な問題である、カラーエンコーディングが原因です。ソースとリンクの間にスプリッタやエクステンダを使用している場合は、EDID が処理できているかどうかを確認してください。可能であれば、コンポーネント(YpbCr)ビデオエンコーディングの代わりに RGB カラーエンコーディングで、HDMI ビデオを出力するようにソース(例:Blu-ray プレーヤ)の設定をします。

HDCP issue問題4: ホワイトノイズまたは画面上の“スノー(白いちらつき)”

通常、HDCP が原因です。これは実際には暗号化されたビデオのように見えます。ディスプレイ(もしくは伝送で使用されているエクステンダのようなアクティブなコンポーネント)が HDCP をサポートしていない場合に発生します。ディスプレイはビデオストリームを解読できません。HDCP に対応した機器を使用してください。

Electromagnetic or radio frequency interference問題5: ちらつきや不安定な画像

原因として電磁波や無線周波妨害、ケーブル不良、ケーブルが長すぎることなどが考えられます。これらはすべて HDCP または信号に問題が起き、ちらつきが発生するか、映像がランダムに消えてから1秒後に再び現れます。解決策としては標準の HDMI ケーブルの代わりに性能保証された高速 HDMI ケーブルを使用します。もし長距離になる場合は、エクステンダを試してみてください。すでにエクステンダを使用している場合は、シールドされた CAT6 ソリッドコアバルクケーブルに変更してみてください。

Share |