Newsletter
ナビゲーション
 
マルチメディア配信

マルチメディア配信


最大300mまで延長可能

マルチメディア配信機器を使うと、ビデオ、オーディオ、シリアルデータ(RS-232 や USB)を、1ヶ所だけでなく、複数のスクリーンに送信できます。一般的に標準 CATx ケーブルを利用し、最大 300m まで延長可能です。

VGA ベースの配信機器は KVM エクステンダと似ている点が多く、コンピュータの出力を、遠くに配置されている VGA モニタやプロジェクタへ延長します。主な違いは、キーボードとマウスのデータを送信しないこと、そして、ポイントツーマルチポイント配信のため、ビデオとオーディオを分割するケースが多いことです。ちなみに、KVM エクステンダは一般的にポイントツーポイント製品です。


VGA ベースのマルチメディア延長

VGA ベースの延長機器は、CATx KVM エクステンダと非常に似たビデオ延長技術を使い、ほぼ同じ技術的推奨事項が適用されています。たとえば、CAT5e や CAT6 ケーブルを使用する際、ゆがみや色ズレを補償する機器が必要な場合があります。特に製品仕様で推奨されている場合は、必ず単線ケーブルやシールドケーブルを使用してください。これらの推奨事項の詳細については、Black Box 用語辞典 LAN ケーブルの内、CAT5 以上のページをご参照ください。


利用に最適な場所

これらはデジタルサイネージや、受付・ブースなどの対話式ディスプレイに最適です。シリアルデータ コンポーネントは、タッチスクリーンに対応しており、高品質のグラフィックやオーディオは、明瞭でインパクトのある情報や広告の配信に最適です。


  • ビデオベースの配信機器は、ビデオとオーディオをコンピュータモニタではなく、TV タイプのディスプレイに配信します。このタイプの最も簡易な配信機器には、ビデオとオーディオのバラン(平衡/不平衡変換器)とハブを使います。これらはコンポジットビデオ、CCTV、VTR、CCTV カメラ、サテライトレシーバといった機器からのコンポーネントビデオを CAT5 へ変換し、長距離(場合によっては700m以上)伝送します。ビデオ、オーディオ、赤外線を利用したリモートコントロール用データを送信するバランもあり、小規模オフィスやホームシネマに最適です。
  • 大規模の場合には、ディストリビューションアンプとビデオスイッチを使用することで、多数のディスプレイを備えたビデオネットワークを構築することができます。

導入されている環境:

  • 学校:時間割や学習内容を表示したり、休憩時間にビデオや音楽を配信するなど、さまざまな用途があります。
  • 小売店:店内のお客様にインパクトある広告を配信する手段として、デジタルサイネージは大きな可能性を秘めています。マルチメディアエクステンダは、中小規模向けの低コストなプラグ&プレイソリューションですし、大規模 IP ベースソリューションは、再生機器とディスプレイ間の最後の接続に理想的です。
  • 対話式ディスプレイ:待合室、受付、ホール、ショッピングセンタに見られる対話式ディスプレイ(タッチスクリーンなど)を動かすコンピュータは、セキュリティやメンテナンス上の理由からディスプレイの近くに配置することができません。マルチメディアエクステンダで、ディスプレイから便利な距離で、安全な場所にコンピュータを置くことができます。
  • 産業監視:産業データを収集したり、産業プロセスを監視しているコンピュータは、人にとって快適ではない場所や危険な場所に配置されていることがあります。マルチメディアエクステンダで、安全で適切な距離からモニタすることができます。
  • 企業:受付や食堂、ロビーで、社内ニュースやイベントの館内放送が、ますます人気を集めています。

Black Box は、どのような用途でもご要望に合わせた最適なソリューションをご提案します。

Share |