Newsletter
ホーム > リソース > テクニカルリソース > Black Box 用語事典 > ケーブル > ケーブル II > DVI とその他のデジタル ディスプレイ インタフェース
ナビゲーション
 
DVI とその他のデジタル ディスプレイ インタフェース

DVI とその他のデジタル ディスプレイ インタフェース


レガシーの CRT (ブラウン管)であれ、新しい LCD (液晶ディスプレイ)であれ、ディスプレイのデジタル化の流れは加速しています。デジタルモニタが、優れた画質とより高い転送帯域幅の両方を提供するためです。


DVI の主な3タイプ

DVI のタイプには、P&D、DFP、DVI があります。技術の最も初期のものにあたる P&D (または EVC として知られているプラグ&ディスプレイ)は、デジタルとアナログの RGB 接続の両方をサポートし、現在は主にプロジェクタに使用されています。
DFP (デジタル フラットパネル ポート)は、ディスプレイとグラフィックスカード上の最初のデジタル専用コネクタで、徐々に廃止されつつあります。


DVI-D と DVI-I

DVI-D と DVI-I が、使用されている2つのタイプの DVI コネクタです。DVI-D は、 DFP のようなデジタル専用コネクタですが、省エネモードと共に、はるかに高速なデータ転送とより高い解像度を提供しています。DVI-I は、P&D のように、デジタル接続とアナログ接続を両方処理しますが、やや小さめです。以前のように、アナログとデジタルで別々になっているコネクタで実行することができるため、Intel®、IBM、Compaq®、HP®、Fujitsu®、NEC®などのメーカーは、特に DVI-I をサポートしています。


TMDS

これらの標準は、遷移最小化差動信号(TMDS)に基づいています。典型的な単一ラインのデジタル信号では、データを伝達する遷移を作成するため電圧が高レベルまで上昇し、さらに低レベルまで減少します。TMDS は、データを転送するのに必要な遷移の数を最小にするため、信号線のペアを使用します。1つのワイヤが、高電圧状態になると、他は低電圧状態になります。このバランスは、データ転送速度を増加させ、精度を向上させます。

Share |